【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

<前回の記事はこちら

3.前半、プレスをかわすブラジルの巧みさと日本の反省点

さて前回の記事のとおり、プレッシングの設計に従って前線から激しく詰めていく日本代表。そんなプレスを、ブラジルが早々にプレスをかわしたシーンから紹介する。
japan_brazil_def7
まずマルセロがフリーでボールを持つ。そこからタッチライン際にいるネイマールに展開していく。
続きを読む

japan_brazil1

目次
  1. プロローグ:本格的な強化試合の始まり。ブラジルに挑む(本記事で記載)
  2. 日本代表の前線からのプレス、その仕組み(本記事で記載)
  3. 前半、プレスをかわすブラジルの巧みさと日本の反省点(11/15UP予定)
  4. 日本代表のカウンターアタックがうまく発揮できなかった理由
  5. 日本の攻撃が効き始めた理由。狙うは右サイド。
1.プロローグ:本格的な強化試合の始まり。ブラジルに挑む

日本代表のスタメンは、川島永嗣、酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、長谷部誠、山口蛍、井手口陽介、原口元気、大迫勇也、久保裕也。
いよいよW杯に向けて、本格的な強化試合が始まる。相手はブラジル。ハリルは香川、本田、岡崎をメンバーから外して挑む。地元リールでの試合なので、ハリルは勝利とは言わないまでも良い試合を見せたいだろう。

一方ブラジル代表のスタメンは、アリソン、ダニーロ、チアゴシウバ、ジェメルソン、マルセロ、カゼミーロ、ジウリアーノ、フェルナンジーニョ、ウィリアン、ネイマール、ジェズス。
南米予選を10勝2分という圧倒的戦績を残して予選を通過したチッチ監督。ちなみにベンチも含めて豪華メンバー。タレント豊富すぎてまとめるのが大変そうだが、まとまっているのだろう。


2.日本代表の前線からのプレス、その仕組み  続きを読む

kashima_reds1
目次
    1. プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突(本記事で記載)
    2. サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング(本記事で記載)
    3. 2連続でダイヤを形成させる浦和のビルドアップ(11/9UP予定)
    4. 人に意識の強いカシマと、その弱点を突きたいレッズ
    5. 三竿と遠藤のポジショニングに大きな変化。その心は?
1.プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突

鹿島アントラーズのスタメンは、曽ヶ端準、西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗、三竿健斗、レオ・シルバ、遠藤康、レアンドロ、金崎夢生、土居聖真。
この試合に勝てば優勝に王手だ。川崎の逆転可能性を限らなく小さくすべし、というところだ。そういえばボランチのスタメンが小笠原でないことは知っていたが、永木までもベンチに追いやった三竿はまだ21歳。これからが楽しみな逸材だ。

浦和レッズのスタメンは、西川周作、遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章、青木拓矢、武藤雄樹、柏木陽介、長澤和輝、ラファエルシルバ、興梠慎三。
今季はどうも奮わずミシャが解任されているレッズ。そしてスタメンが色々変わりマウリシオがやってきた。別の試合を見たが、マウリシオは非常にレベルが高く、ビルドアップなどでも貢献できそう感が満載だ。来季に向けて良い感触でシーズンを終えていきたいところだろう。


2.サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング 続きを読む

<前回の記事はこちら

5.後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる

右サイドばかりからの攻撃で前半45分間は得点ができなかった川崎フロンターレ。
flontale_cerezo2_9

続きを読む

↑このページのトップヘ