【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

flontale_cerezo2_1

目次
    1. プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突(本記事で記載)
    2. 開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける(本記事で記載)
    3. 徐々にボールを支配していく川崎。右サイドに人を集める(本記事で記載)
    4. セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ
    5. 後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる
    6. セレッソのカウンターに変化が加わり、ボールを運ばれた川崎
    7. 余談
1.プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、エドゥアルド、谷口彰悟、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、大島僚太、エドゥアルドネット、家長昭博、小林悠。
この大舞台のタイミングで今季異次元の活躍を見せていた大島がスタメンで復帰。また同様に今季大活躍を見せていた阿部も復帰してベンチに構えている。長年追い求めてきたタイトルを、中村憲剛は掴めるだろうか。

セレッソ大阪のスタメンは、キムジンヒョン、松田陸、丸橋祐介、木本恭生、マテイヨニッチ、山口蛍、ソウザ、水沼宏太、清武弘嗣、柿谷曜一朗、杉本健勇。
一方セレッソも、森島の時代や香川・乾などの時代からギリギリでタイトルをこぼし続けてきた。つまりセレッソも時代を超えて意地でも掴みたいタイトルだ。今季セビージャから復帰したものの長期の怪我で離脱していた清武も徐々に調子を取り戻しつつある。そして清武が戻ってきたおかげで柿谷はFWで出場できている。

ちなみに前回対戦の分析記事はこちらから。


2.開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける 続きを読む

<前回の記事はこちら

5.カウンターに望みを託す清水とゴールまで迫りきれない仙台

さて一方の清水の攻撃の狙いはどうか。機会は少なかったがなんとかボールを持てた時は、まずサイドに持って行く。ベガルタ仙台の守備陣形は、5-3-2になることが多い。
sendai_esupa16

続きを読む

<前半戦の記事はこちら>
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(1)
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(2)
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(3)

目次 
  1. 更に変化するビルドアップで右サイド集約から左サイドを攻めたてる広島(本記事に記載)
  2. 左サイド集約から右サイドスペースに展開して攻撃する川崎(本記事に記載)
  3. 余談(本記事に記載)

1.更に変化するビルドアップで右サイド集約から左サイドを攻めたてる広島

さて後半。2-0から大逆転でベガルタ仙台に勝ったことを鮮明に覚えているだろう川崎フロンターレ。今日はリードしているが、油断できないことは身にしみて感じているはずだ。
鬼木監督がハーフタイムにそう選手たちに告げたかは知らないが、鹿島を追い抜くためには気を抜けない川崎。

後半も前線からプレスをかけていく。特に中村憲剛が青山へのマークを強めているように感じられた。
frontale_hiroshima18
続きを読む

<前回の記事はこちら

4.短い交代時間を有効に使った鬼木監督。谷口が川崎に変化を与える

前半30分過ぎ、チョンソンリョンが負傷し、新井に交代する。その隙に鬼木監督は谷口と何やら会話をしていた。

すると、ビルドアップでの変化が、広島だけでなく川崎にも見られ始める。

谷口が少し下がり目に移動してビルドアップに絡み始める。
kawasaki_buildup1
続きを読む

<前回の記事はこちら

4.仙台の攻撃に慣れてきたエスパルス。後半、三田を中心に仙台が動く

前回の記事では、両サイドでダイヤモンド型を形成する中で、形成するはずの誰かがいなければ、そうでないはずの誰かがそのポジションを埋める、ということについて書いた。

しかし清水エスパルスも受けっぱなしで守備に集中しているため、ずっと同じ状況には慣れてくる。
sendai_esupa11
具体的には、ダイヤモンドのパスの受け手に対して、受けるタイミングでのプレッシャーをかなり激しく行って密着し、ボール奪取やミスを誘い始めた。
続きを読む

↑このページのトップヘ