【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

<前回の記事はこちら

4.仙台の攻撃に慣れてきたエスパルス。後半、三田を中心に仙台が動く

前回の記事では、両サイドでダイヤモンド型を形成する中で、形成するはずの誰かがいなければ、そうでないはずの誰かがそのポジションを埋める、ということについて書いた。

しかし清水エスパルスも受けっぱなしで守備に集中しているため、ずっと同じ状況には慣れてくる。
sendai_esupa11
具体的には、ダイヤモンドのパスの受け手に対して、受けるタイミングでのプレッシャーをかなり激しく行って密着し、ボール奪取やミスを誘い始めた。
続きを読む

<前回の記事はこちら

3.現代サッカーの潮流。選手ではなくポジショニングが選手に役割を与える

前回の記事では、両サイドでダイヤモンド型を形成し、トライアングルを多数創出することで、ボール支配率を高めていく狙いについて書いた。

しかし各選手で「お前はこの位置で、この役割だ」と固定化されていると、相手も徐々に守備することに慣れてくるというのはよく起きることだ。

そこで仙台はポジションによっての役割を浸透させ、そこにいるはずの選手がいなければ別の選手が埋めにきたり、お互いのポジションを入れ替える動きを見せ始める。

sendai_esupa8
例えば右サイドの通常のダイヤモンドを形成するパターンはこうなっている。

野津田はけっこうポストプレーができるので、彼らの3人からパスを受けても対応できる。しかし当然ながら流れによっては、ある程度フリーに動くことの許される野津田は別のエリアにいたりする。

続きを読む

<前回の記事はこちら

3.森島の迅速なポジションチェンジで川崎のハイプレスを掻い潜ろうとする広島

前半10分を過ぎたころから、徐々に広島はビルドアップの形を変更し、川崎のハイプレスを掻い潜り始める。対応が早いのは、選手の判断なのか監督の指示なのかは現場のみぞ知る。でもたぶん元々準備していたんだと思う。稲垣と森島の役割が分かれていたからだ。

具体的には、インサイドハーフがDFラインに降りていく形だ。
frontale_hiroshima11
例えば右SBの丹羽が高めの位置に移動し、森島が右SBの位置に降りる。
これにより森谷からすれば、いや中央を空けてそんなところまではさすがに追えない、となり、長谷川からすれば丹羽も警戒しなきゃいけないしと詰めづらい。そこから展開していくなどだ。

ある実際のシーンはこんな感じだ。
続きを読む

sendai_esupa1

目次 
  1. プロローグ:支配率の高い試合を続けるベガルタ仙台と厳しい状況の清水(本記事に記載)
  2. 両サイドでのダイヤモンドから仕掛け始める仙台(本記事に記載)
  3. 現代サッカーの潮流。選手ではなくポジショニングが選手に役割を与える
  4. 仙台の攻撃に慣れてきたエスパルス。後半、三田を中心に仙台が動く
  5. カウンターに望みを託す清水とゴールまで迫りきれない仙台

1.プロローグ:支配率の高い試合を続けるベガルタ仙台と厳しい状況の清水

ベガルタ仙台のスタメンは、関憲太郎、平岡康裕、大岩一貴、古林将太、増嶋竜也、奥埜博亮、野津田岳人、三田啓貴、蜂須賀孝治、石原直樹、西村拓真。
川崎フロンターレ相手にも善戦を続けてみせたベガルタ仙台。来季に夢を見るために、良いプレーをファンはもちろんフロントに見せる必要がある。下位に沈む清水エスパルスには是が非でも良いプレーで勝ちたいだろう。しかし中野は怪我し、相変わらず怪我人多数。

清水エスパルスのスタメンは、六反勇治、清水航平、犬飼智也、鎌田翔雅、二見宏志、白崎凌兵、ミッチェルデューク、竹内涼、枝村匠馬、チアゴアウベス、北川航也。

今季J2から上がってきた清水エスパルス。同様のセレッソ大阪となぜこんなに差がついてしまったのかと、悩ましい日々が続く。鄭大世や松原の怪我も痛いところではあるだろうが、残留に向けて絶対勝ち点が欲しいところだ。

2.両サイドでのダイヤモンドから仕掛け始める仙台 続きを読む

frontale_hiroshima1

目次
 
  1. プロローグ:優勝争いする主力離脱の多い川崎とまさかの降格圏内の広島(本記事に記載)
  2. ビルドアップはさせない!両チームのハイプレス方法(本記事に記載)
  3. 森島の迅速なポジションチェンジで川崎のハイプレスを掻い潜ろうとする広島
  4. 短い交代時間を有効に使った鬼木監督。谷口が川崎に変化を与える

1.プロローグ:優勝争いする主力離脱の多い川崎とまさかの降格圏内の広島

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、奈良竜樹、エドゥアルド、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、谷口彰悟、森谷賢太郎、長谷川竜也、小林悠。
前節のベガルタ仙台戦では、劇的な勝利で飾った川崎フロンターレ(前節の分析記事はこちらをご参照ください)。鹿島を追い越すためには今日も勝つしかない。相手の広島は下位とはいえ降格争いで必死に戦ってくるだろうため簡単にはいかないはずだ。大島、家長、ネット、阿部などがいなくてもやるしかないフロンターレ。

サンフレッチェ広島のスタメンは、中林洋次、高橋壮也、水本裕貴、千葉和彦、丹羽大輝、青山敏弘、稲垣祥、柏好文、森島司、アンデルソンロペス、皆川佑介。
いまだまさかの降格圏内にいるサンフレッチェ広島。一体何が起こっているのだろう。そこまで大きくスタメンも変わっているわけではないが、柴崎がなぜかベンチにいる。フェリペシウバもベンチだ。競合川崎相手にも負けられない戦いが続く

2.ビルドアップはさせない!両チームのハイプレス方法 続きを読む

↑このページのトップヘ