【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

<前半戦の記事>
【図解で分析】中野と野津田が躍動、川崎相手にボール保持率で圧倒 川崎フロンターレvsベガルタ仙台の前半(1)
【図解で分析】中野と野津田が躍動、川崎相手にボール保持率で圧倒 川崎フロンターレvsベガルタ仙台の前半(2)

目次 
  1. 1人少なくなった川崎のリスクをとる逆張り戦術(本記事に記載)
  2. 落ち着きを失った仙台、しかし石原の一撃(本記事に記載)
  3. 川崎と対称的なリスク回避の仙台と疲れてきた前線
  4. 悔やまれる仙台の交代策、そして恐怖の等々力劇場
  5. 余談
1.1人少なくなった川崎のリスクをとる逆張り戦術

さて嫌な流れで前半を終えた川崎フロンターレ。鬼木監督は、低調だったネットに変えて長谷川を投入する。
frontale_sendai18
フォーメーションは、憲剛を中盤底におろし、その両脇を長谷川と森谷で固める、基本的には4-3-2としていたが少し流動的となっている。

川崎フロンターレが目指すのは優勝だ。つまり鹿島を追い越して首位になる必要がある。残りの試合も鹿島はほとんど勝つと想定すると、全勝するぐらいの気持ちでいかなければならない川崎フロンターレ。
つまりリスクを承知の上で攻撃的にいくしかない。
続きを読む

<前回の記事はこちら

5.攻撃のテンポを決めるのはDF。仙台DFの地味だけど重要なプレー

仙台ペースで前半が進む。というのも、押し込んだ時にも大切なことを仙台は実行していた。まずこの動画を見ていただきたい。

Jでよく見られる風景にこんなものがある。
frontale_sendai15
相手のDFラインも下げ押し込んでクロス。しかし跳ね返される。

続きを読む

<前回の記事はこちら

4.判断の早い鬼木さん。だがネットが不調、そして前線と後方の間にスペース

さてそんなこんなで、ポゼッション率約60%を許すこととなった川崎フロンターレの鬼木監督。

早々に3CBへのプレスをかける選手に少し変更を加える。
frontale_sendai14
というのも、今日のポジションはシャドーじゃないよね、というぐらいに野津田も下がってくる影響で、中央のスペースで川崎フロンターレの人数が足りずビルドアップをやられていた川崎。これはまずいと鬼木さんが判断したのか、
続きを読む

<前回の記事はこちら

3.小林祐希の成長を感じる好プレー分析
さて悪循環の日本は、後半15分に香川真司に変えて小林祐希、大迫勇也に変えて杉本健勇を投入する。
そして変わって早々、ヘーレンフェーンで修業を積んでいる小林祐希が成長を感じさせるプレーを見せていく。今回はかざみさんというフォローさせていただいている方のtweet動画を引用しながら分析していく。

まず最初のシーン。
続きを読む

<前回の記事はこちら

3.左サイド攻撃中心の仙台。川崎からレンタルの中野が躍動する

野津田が躍動する中、同じレンタル組として負けられん、と。しかもレンタル元の川崎との勝負だ。燃えないはずのない中野。そんな中野はベガルタ仙台において重要なピースの1つとなっており、仙台の攻撃が左サイド中心であることも彼の存在が大きい。
野津田が仙台の攻撃を活性化するなら、活性化した攻撃の中心には中野がいた。

ではそんな左サイドからの展開を見てみる。
frontale_sendai6
ビルドアップの段階で増嶋にボールが渡ると三好がプレッシャーをかけにいく。
そのタイミングで降りてきた中野に増嶋がパス。三好が増嶋にプレスに行っているため、中野にはエウシーニョがついていくしかなくなる。
続きを読む

↑このページのトップヘ