flontale_cerezo2_1

目次
    1. プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突(本記事で記載)
    2. 開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける(本記事で記載)
    3. 徐々にボールを支配していく川崎。右サイドに人を集める(本記事で記載)
    4. セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ
    5. 後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる
    6. セレッソのカウンターに変化が加わり、ボールを運ばれた川崎
    7. 余談
1.プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、エドゥアルド、谷口彰悟、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、大島僚太、エドゥアルドネット、家長昭博、小林悠。
この大舞台のタイミングで今季異次元の活躍を見せていた大島がスタメンで復帰。また同様に今季大活躍を見せていた阿部も復帰してベンチに構えている。長年追い求めてきたタイトルを、中村憲剛は掴めるだろうか。

セレッソ大阪のスタメンは、キムジンヒョン、松田陸、丸橋祐介、木本恭生、マテイヨニッチ、山口蛍、ソウザ、水沼宏太、清武弘嗣、柿谷曜一朗、杉本健勇。
一方セレッソも、森島の時代や香川・乾などの時代からギリギリでタイトルをこぼし続けてきた。つまりセレッソも時代を超えて意地でも掴みたいタイトルだ。今季セビージャから復帰したものの長期の怪我で離脱していた清武も徐々に調子を取り戻しつつある。そして清武が戻ってきたおかげで柿谷はFWで出場できている。

ちなみに前回対戦の分析記事はこちらから。


2.開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける 続きを読む