<前回の記事はこちら

5.フロンターレの高い位置からのプレッシングの舵取りを担う中村憲剛
一方、セレッソのオフェンスに対してのフロンターレの守備を見ていく。
前線からプレッシングをかけるか、センターサークルぐらいの高さまで引いてブロックを作るかをまずは選ぶこととなる。
もちろん相手やボールの位置や味方のポジショニングの状況次第で各自判断するのだが、今回の記事では、前線からプレッシングをかける守備について取り上げる。
flontale_cerezo16
前線からプレッシングをかける場合、中村憲剛が舵取りを行うことが多かった。状況判断に優れた中村憲剛に任せるのは妥当なところだろう。少し驚いたのは、中村憲剛がかなり積極的に激しく前から当たりたがっていたことだ。

前線からプレッシングをかける際の陣形は4-4-2で小林悠と憲剛がCBを見る。
行ける!と踏んだらガンガン対面のCBに猛ダッシュをかけにいく中村憲剛の姿が、幾度となく見られる。特にセレッソがビルドアップに迷って、CBにボールを下げようものなら必死にプレス。
さらにセレッソがGKにボールを下げようものなら、中村憲剛はGKまで2度追いする形でプレッシングをかけることもあった。
flontale_cerezo17
その際パスコースを消そうと後ろや周りを確認していたのは当然として、味方の方をに顔を向けて「ちゃんと連動しろよ」と無言のメッセージを送ることで、フロンターレの守備は連動性を見せていた。

しかしセレッソ。そんな時のために俺らには杉本と山村のツインタワーがいるんやで!ということでCBやキムジンヒョンからロングボールを放り込む。
flontale_cerezo18
ここでどちらがマイボールにできるかが試合の流れを変えかねないが、軍配はフロンターレに上がる。
奈良と谷口が競り合い、周囲の選手もセカンドボールを拾うなどサポートし対応できていた。よく頑張りましたフロンターレ守備陣。

っで、これはやばいやんということで、セレッソはボランチを始め中盤の選手が降りていく。
flontale_cerezo19
しかしそこにはしっかりと森谷とネットがついて行くことで、ビルドアップを好きにさせないようにしていた。そんなこんなでフロンターレが高い位置から守備で圧力をかけた時、セレッソはビルドアップに苦労していた。

6.余談
終わってみれば、5-1と川崎フロンターレの圧勝。今シーズン新加入で大活躍している阿部浩之が怪我で離脱、もはやフロンターレの重鎮と化した大島僚太も怪我で離脱してしまっている中でも、今季好調のセレッソを寄せ付けなかった。
ちなみに川崎フロンターレは今シーズンいまだ4敗しかしていない。首位の鹿島などでも7敗している。得失点差も28と断トツだ。引き分けを勝ちにしきれる安定感が備われば、間違いなく優勝に近づけるだろう。

一方のセレッソ。杉本の得点機会も減りつつ、今シーズン途中までは強固な守備を売りにしていたと評判だったが失点も増えてきてしまっている。といっても実は守備は強固ではなく、危うかったり脆い部分が元々あったので、それがここにきて表面化した、という状況だろう。ユンジョンファンの次なる手を待とうと思う。
最後に少し清武が出ていたが、少し味方との息が合わなかったのかパスがずれたのか、繋がらないこと場面が見られた。コンディションを取り戻し、W杯では日本代表の力となってくれることを願うばかりだ。


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------