柏木が痛みがあるようで別メニューだったこと、清武と原口は直前に試合がありコンディションが完全でないことから、30日に代表の練習で大島は主力組としてプレーしたようだ。先発はおそらく山口か大島のどちらかになるだろうが、いずれにせよ期待の若きイケメンプレーヤーの先発可能性が高まった。
そんなわけで、大島僚太ファンの方に対しては釈迦に説法かもしれないが、彼について代表戦を前に予習しよう、のコーナー。

まずそもそも彼は、現在J1の年間順位で1位を走る川崎フロンターレでボランチとしてスタメンを張っている。クラブからの期待も高く、フロンターレにおいて日本人選手として初めて背番号10番を背負っている23歳だ。

フロンターレにおいて彼は風間監督のもと「止める」「運ぶ」「受ける」「外す」というサッカーの基礎かつ最も重要な技術を叩き込まれながら、中村憲剛のボランチから前への飛び出し方やゲームコントロール力を間近で見ながら学び、エドゥアルドネットというJ屈指の怪物ボランチの隣で鋭い縦パスも1試合に何度も見、さらには大久保や小林悠というJ屈指の受け手から、出し手として高い水準を要求されている、というような非常に鍛えられそうな環境にいる。また、小さい体から繰り出される強烈なミドルシュートも特徴の1つだ。 そして最近では守備においても、身体は大きくないが、先を読んで相手に上手く近づいて奪う能力や、パスコースに入って奪う能力を高めているように見受けられる。

その中でも彼のトラップの上手さは特筆すべきものの1つだろう。最下部に貼る動画を見ていただければわかるが、彼は得意技として、足を引きながら転がしたいところに正確に転がす技術を持っている。また引きながらであるため、ボールタッチまでに時間の余裕が少しあり、相手がどう来るかを見てから後出しジャンケン的にプレーを変えられる技術がある。もちろん事前に首振りもしている。

ちなみにここで、個人技術に関して有益な情報発信されているWeb界の2大巨頭のうちの1人であるfootballhack(silkyskill)さんのtweetを引用しておく。(なおもう一方の巨頭は蹴球計画さん)

例えば縦パス。縦パスを入れられるかどうかは、そもそも角度が悪いと防がれてしまう。彼が縦パスをいとも簡単に通す技術が高いのは、トラップの上手さによるものも大いに関係している。

ちなみに本日先発するであろう香川真司は、相手のDFのMFライン間で縦パスを受けて、素早いターンで前を向くことを得意としている。つまり、タイミング良く縦パスを入れてくれる味方がいると香川はより活きる(清武も得意だが、帰国が遅れたのでコンディション面から先発はなさそう)。もし先発した際には、香川への縦パスなどにも注目してみたい。

ではイケメンな大島僚太くんのプレー集をYoutubeからいくつか貼っておく。




面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています

----------------------------------------------------------------------