gamba_shonan

 目次 1.プロローグ:宇佐美が抜けても頑張るガンバと主力が抜けて厳しい湘南 2.俺たちが湘南のお株を奪うぜハイプレス 3.湘南の前線からのプレスと遠藤の絶妙なポジショニング 4.撤退する湘南が捨てる広大なスペースを利用せよ 5.余談

 1.プロローグ:宇佐美が抜けても頑張るガンバと主力が抜けて厳しい湘南 ガンバ大阪のスタメンは、東口、藤春、金正也、丹羽、オジェソク、遠藤、井手口、大森、倉田、アデミウソン、長沢駿。 FWにはパトリックではなく、このところ短い時間で点を決めている長沢がスタメンとなった。またオリンピックでまさかのオウンゴールをした藤春、飛び出しすぎて失点の原因を作ってしまったが途中まで頑張っていた井手口もスタメン。宇佐美が抜けた2ndステージも健闘している。

湘南ベルマーレのスタメンは、ベラピ、岡本、バイア、三竿、奈良輪、石川、神谷、菊池大介、長谷川アーリアジャスール、大槻、高山。 シーズン開始前に秋元、遠藤航、永木とセンターラインかつ主軸だった選手が抜けたことで、チームの再構築が必要となった湘南。特に永木が抜けたのは痛い。2ndシーズンになると内容が良くなりつつあるがどうにも勝てず、悩ましいチョウキジェ監督。そしてサポーター間でも評価がかなり分かれているらしい大槻と高山がスタメン。あと鹿島にいたジネイがいる。すでに数試合出場し、ポストプレーなどで持ち味を発揮していたが今日はなぜかベンチのようだ。そして山田直輝はベンチにもいないがどこへ。

 2.俺たちが湘南のお株を奪うぜハイプレス

ガンバの守備基本システムは4-4-2と一応表記しておく。2が長沢とアデミウソンだ。まずガンバはゾーン3、つまり前線からCBにプレスをかけていく。湘南は3バックなので、1人空いてしまうが、そこは倉田などが出てきてプレスしていた。 湘南のWBにパスが出たらガンバはSHやSBがついていく。つまりしっかり人についていくことで、湘南のビルドアップを破壊していた。そしてこの時、ボールとは逆のサイドのCBなどを捨てて、ボールサイドに人数をかける仕組みだった。 遠藤は基本的に人につかずに中間ポジションで、どこにパスが出てもすぐにアプローチにいけるような位置にいた。

湘南はGKをはじめ、後方からフィードするも、ガンバのハイプレスの前に精度が低かったり、そもそも的である大槻がキープできなかった。大槻はそもそもポストプレーが得意ではない。今シーズン湘南の試合は何度も見ているが、キープできていた試しがないのが苦しい。またターンなどもうまいわけではないので、相手と距離が空いた状態で受けても、前を向かず後ろに下げるしか選択肢がないようだった。

湘南にプレスをいなされた場合や、ゾーン3からの守備が間に合わない時のガンバは撤退する。ちなみに撤退すると、2トップはそこまで守備を熱心にやるわけではないように見えた。 ちなみに試合は開始早々、右サイドに4人を集めてのコンビネーションでアーリアが抜け出し、早いセンタリングをあげる。GKが弾いてこぼれたところに、高い位置にあがるのが常の三竿が駆け上がってきてスーペルなゴールを叩き込む。井手口は大急ぎで向かっていくが追いつけず。 1点目の場面に限らず、ガンバはサイドから攻められてクロスをあげられた際、ペナルティエリア前にボールが転がると、湘南にミドルシュートを打たれる場面が目立った。おそらく湘南はスカウティングしていたと思われる。

落ち着き始めた湘南は、三竿が高い位置をとり、菊池大介は中に入ってポジションをとる。その際、ボランチのどちらかがCBラインに降りてきてビルドアップを図ることが多かった。3-4-2-1と4-4-2のミスマッチを利用し、フリーになりやすい両脇のCBを効果的に利用しようとするキジェ監督得意の戦術だ。GKを含めた4~5人の湘南のビルドアップ隊に対して、毎回倉田を前に出すわけではないガンバは2トップだけでプレスしても、当たり前だが、いなされていた。

また湘南のセットオフェンスは、執拗にSBとCBの裏を狙うことだった。高山がSBとCBの間で受けようとしていたことが多かったと思う。上述した通り、三竿がフリーで持てるので、そこから同サイドの菊池や高山とコンビネーションで突破していきたいのが、あまり効果的な攻めはできていなかった。

 3.湘南の前線からのプレスと遠藤の絶妙なポジショニング 一方、湘南の守備基本システムは、まずゾーン3、つまり前線からの守備を行う際には3-4-2-1。ただし、CBがボールを持っている時は適度な距離をとって牽制することもあれば、前半途中からはプレスすることもあった。そこからガンバのSBに出たらシャドーかWBが激しくプレスし、フィードの精度を落とさせたり、SBからボランチへのパスも狙うなどして奪いに行くのが狙いだった。

またCBから遠藤に出たら大槻が激しくプレスバックする。ただし大槻はCBから遠藤へのパスコースを消す気があったのか謎で、出させたところで奪いたかったか、出しても無駄だぜ、ということを主張したかったように見えたが、真偽のほどは不明だ。そしてガンバの中盤の選手が降りてきたら、湘南はついていってプレスしていた。

ガンバはビルドアップの改善策として、SBがボールを持った時に、遠藤は相手のシャドーとボランチとWBの中間地点にポジショニングし、パスを受けられるようにしていた。遠藤以外にもガンバはサイドに人数を集めビルドアップを行っていく。 その他、競り合いの強くない三竿と長身の長沢を競らせるようなフィードを送ることで、マイボールにする確率を高めていた。ちなみにロングボールの競り合いで三竿を狙うのは、ガンバに限らずどのチームも行ってくる。なので、湘南はできる限り菊池大介が周辺をうろうろしてセカンドボールを拾おうする。

フィードではないが、ラインをあげることの多い湘南に対して、守備が得意ではない三竿の裏を狙った長沢にオジェソクがダイレクトで素晴らしいボールを供給。難しいシュートだったが、それもダイレクトで決め、同点となる。

 4.撤退する湘南が捨てる広大なスペースを利用せよ また湘南は前線からのプレスをいなされると、撤退して5-4-1に近い形になる。具体的には下図のような形になることが多かった。

gamba_shonan2

湘南は人数をボールサイドに集中させて奪うことを狙っており、その分逆サイドに広大なスペースが空いていた。従ってガンバは一旦どちらかのサイドに展開してから、行けるようであれば同サイドから攻めていく、無理そうであれば早めのサイドチェンジで広大なスペースを活用する意図が存分に見られた。これもガンバはスカウティングしていたのだろう。 その他、アデミウソンがサイドに流れたり、降りてきて組み立てに加わったり、倉田がライン間で受けたりなどして攻め込もうとしていた。

後半もおおよそ似たような構図で、遠藤は相変わらず微妙なポジションにとることで、ビルドアップをサポートする。ガンバの2点目はその形から前に持って行き、CKを得たところから長沢のヘディングという流れだった。

逆転されると、湘南は一気に選手交代を進めていき、大竹、ジネイ、ウェズレーを投入する。ここ最近の湘南は、後半に逆転されたり負け始めると、すぐさま選手交代し、攻撃的な選手を投入することが定番となっているようだ。それを合図にして、湘南は攻めこんでいくが、得点ならず。試合終了。

 5.余談 昨年湘南スタイルという言葉のもと、走るサッカー(という名目)で躍動した湘南。ハイプレスも湘南の特徴の1つだった。しかしこの試合ではハイプレスを行っていたのはガンバの方だった。 また湘南の主将だが今年から高山となっている。遠藤も高山もプレーでチームを引っ張るところは一緒なのだが、遠藤は試合のコントロールと知性でチームに落ち着きをもたらす一方、高山は走るサッカーの象徴として、1プレーヤー的な存在だったことが印象に残った。

ところで、パトリックがなかなか点を決められない中、長沢が継続的に活躍し始めてきたことはガンバにとって喜ばしいことだろう。身長も高く、ヘディングやポストプレーが期待できる。アデミウソンは自由に動き回るタイプなので、相性も悪くないだろう。これで2ndステージの順位は4位、首位川崎との勝ち点差もたった2。まだまだ優勝も狙える位置にいるので、今後もモチベーションも高く保って試合に臨んでいけるだろう。

湘南は厳しい、非常に厳しい。ジネイはスタメンで使っていいのではと思う。また山田直輝はどうしてるのだろう。ダイレクトプレーで時間とスペースを周囲に届けたり、狭いスペースでプレーできたり、基礎技術の高さもある彼がいれば落ち着くと思う。以前新潟戦を見たときはトップで出場し、サイドに流れて起点になったり、降りてきて組み立てに関わって、落ち着きをもたらして勝利に貢献していたので出続けるのではと思っていたがそうではないらしい。アーリアとかも山田直輝がいた方がやりやすそうに見えたんだけど。降格争いから奇跡の残留をできることを願うばかりだ。

-

面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
---------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています

----------------------------------------------------------------------