試合を終えた後、香川は「何の意味がある試合だったのか」とコメントしたとメディアで報道されている。果たして本当に意味のない試合だったのだろうか。
まだまだ世界各国多くの代表チームはW杯出場に向けて本気で戦闘中だ。したがってなかなか良い対戦相手を見つけるのが難しかったのだろう。そんな中での消極的な選択によりNZとの試合となった。
japan_nz1


目次
  1. プロローグ:槙野と武藤のテスト。それ以外は順当なスタメン(本記事に記載)
  2. ドタバタで始まったザルすぎるNZを崩していく日本(本記事に記載)
  3. 少し落ち着いたNZに対して、吉田、武藤、酒井、久保が動く
  4. 香川の巧みなポジショニング
  5. 5バックの強みを活かして、流れを変えられてしまう日本
1.プロローグ:槙野と武藤のテスト。それ以外は順当なスタメン
日本代表は川島永嗣、酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、山口蛍、井手口陽介、香川真司、武藤嘉紀、久保裕也、大迫勇也。
最近クラブで調子の良い武藤。昨季は長い怪我もあり、久しぶりの代表スタメンだ。このチャンスを必ず活かしたいだろう。そして槙野。いつも代表には選出されているが出場機会は多くない。そんな中、久しぶりのCBでの出場。でかいNZの選手相手にも俺はやれるんだぜ、と見せたいところだろう。

ニュージーランドのスタメンは、マリノビッチ、リード、ボクスオール、インガム、コルビー、デュランテ、マグリンチィ、トーマス、バーバルーゼス、ウッド、ロハス。
全然知らないが、過去に4-2で日本が勝利した時にウッドが2点を決めているらしい。

2.ドタバタで始まったザルすぎるNZを崩していく日本

日本のフォーメーションは4-3-3。NZの守備は5-3-2だ。前半、日本が効果的な攻撃をかけていく。
日本のビルドアップ開始時、NZの2トップは基本的に日本のCB2人を担当する。ただし前から激しくプレスをかけるのではなく、中央へのパスコースを主に消す役割だ。japan_nz2
したがって日本のSBにボールが渡った時、長友には右CHロハス、酒井には左CHのトーマスがプレスをかけていく。
最初長友にロハスがプレスをかけた時、マグリンチィとトーマスがスライドをサボっており、広大なスペースができていたため、井手口が侵入していく場面が見られた。なんだこのザルすぎる守備は…と衝撃を受けた瞬間だった。
japan_nz3

この後さすがにやばいと気づいたのか監督からゲキが飛んだのか、同様な場面ではスライドされていた。
japan_nz4
そこで長友が追い抜いた瞬間、武藤は裏を狙う。これにより長友から香川へのパスコースが生まれることを警戒し、トーマスは香川の前へ回り込む。
japan_nz5
ここで香川はトーマスの視野から外れたので、近づくのではなく逆にバックステップを踏み始める。同時に空いたバイタルエリアに大迫が入り込み、長友からのパスをワンタッチで香川へパスし、チャンスを生み出そうとしていた。
japan_nz6
相手の視野外での巧みな動き、バックステップを見せる香川だった。


3.少し落ち着いたNZに対して、吉田、武藤、酒井、久保が動く次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------