<前回の記事はこちら

5.5バックの強みを活かして、流れを変えられてしまう日本
さて話は試合の流れに戻す。前半途中までは攻勢をかけていた日本。
しかしニュージーランドもただでは終わらない。日本との試合に慣れてきた頃合いから少し様相が変わり始める。どういうことか。

下図のとおり、日本がCBからビルドアップしていく際、長友や酒井にパスすることが多い。この時、長友には右CHロハス、酒井には左CHのトーマスがプレスをかけていく。
japan_nz16
japan_nz17
もしニュージーランドが4-4-2であれば、このように長友や酒井までのSHとの距離は短い。
japan_nz18
しかし実際には5-3-2だ。したがって長友や酒井にボールが渡る前のスタートポジションからはセントラルハーフであるがゆえに距離がある。
japan_nz19
つまり長友や酒井がボールを受けたと同時のタイミングで距離を詰め切ることは難しい。

したがってロハスとトーマスに、長友や酒井からボール奪取することや、GKに下げさせることが主な役割を課すことは現実的ではない。
japan_nz21
むしろ、それでも激しくプレッシングしてみせることで、長友や酒井が武藤や香川や久保へ縦にクサビのパスを出させる。このタイミングを操作することが、ロハスとトーマスの役割になる。

どういうことか。ここで5バックの良さが出る。つまり1人ぐらい前に飛び出していってもまだ4人いるから十分人は足りてるよね、と。
したがって後ろの守備をあまり気にせず勇気をもって飛び出していくことができる。
japan_nz22
したがって例えば長友から降りてきた武藤にクサビのパスが出る瞬間に、インガムが武藤に激しく詰め寄り、ボール奪取する。
そしてロハスがプレスをかけることで、このクサビのパスが出るタイミングがわかりやすいほど、インガムのボール奪取率が高まる。

この狙いをインガムに限らず、ニュージーランドの各DFラインの選手が実行していた。
これにより、日本は徐々に前半の20分過ぎまでのようにはいかなくなっていく。
どこかで一人かわしたりできると、流れを持って行かれないようにできたのだが、NZも激しい守備を行うのでなかなかうまくはいかなかった。

とはいえ、ニュージーランドの攻撃に関しては、あまり効果的な攻撃はできず、シュート1本で前半を終えることとなる。

後半戦の分析次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------