frontale_sendai1
目次
  1. プロローグ:変革を遂げつつあるベガルタ仙台と首位を追う川崎フロンターレ(本記事に記載)
  2. ポジションに囚われない野津田が仙台の攻撃を活性化する(本記事に記載)
  3. 左サイド攻撃中心の仙台。川崎からレンタルの中野が躍動する
  4. 判断の早い鬼木さん。だがネットが不調、そして前線と後方の間にスペース
  5. 攻撃のテンポを決めるのはDF。仙台DFの地味だけど重要なプレー

1.プロローグ:変革を遂げつつあるベガルタ仙台と首位を追う川崎フロンターレ

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、森谷賢太郎、エドゥアルドネット、家長昭博、小林悠。
車屋が日本代表から帰ってきた。そしてルヴァン杯でも激闘を繰り広げたベガルタ仙台とまたもや対戦となる。苦しめられた相手に、今日はどう対抗していくのか。

ベガルタ仙台のスタメンは、関憲太郎、平岡康裕、大岩一貴、古林将太、増嶋竜也、奥埜博亮、野津田岳人、三田啓貴、中野嘉大、石原直樹、西村拓真。
惜しくもルヴァン杯でやられたベガルタ仙台。Jリーグの順位も奮わないが、内容では充実したサッカーを繰り広げつつあることが明らかにわかる。通常モチベーションが上がりづらい順位だろうが、サッカーが上手くなっているという感覚は彼らに自信を与えるだろう。

2.ポジションに囚われない野津田が仙台の攻撃を活性化する
前半から攻撃姿勢を見せたのはベガルタ仙台だった。そんな川崎フロンターレは前からプレッシングをかけていく。
frontale_sendai2
憲剛と小林悠で基本的には3CBを担当する。ただしサイドチェンジされると、2人では間に合わないので、ボールサイドのSHが同サイドのCBにプレスをかけにいく形が基本となっていた。

いわゆる数的同数プレッシングだ。これに苦しむチームは非常に多い。そうするとロングボールによる放り込みで、セカンドボールを拾うことにかけることが多い。
しかし最初こそロングボールを蹴ったものの、ベガルタ仙台は着実にビルドアップに成功していく。

サイドチェンジから平岡がボールを持つと家長が来る。野津田はシャドーの位置からボランチの位置へ降りてくることが非常に多かった。代わりに奥埜が前にいくことも。
frontale_sendai3
家長のプレスが間に合う前に、降りてきた古林にパス。車屋がついてきていて、野津田と古林の間にいた森谷は囲もうとするも、古林はダイレクトで野津田へ。

森谷は慌てて野津田に詰めようとするも、古林を囲もうと動いて空けた野津田からの縦パスコース上に、石原が下りてきて受ける。
frontale_sendai4
谷口が勇気をもってついてくるも、石原はワンタッチポストプレーで、森谷の矢印と逆に動いてフリーとなった野津田に戻す。そして同サイドの縦に侵入したドフリー奥埜へパス。
frontale_sendai5
惜しくもオフサイドとなるも、フロンターレは最終ラインに奈良とエウシーニョのみ。少し前にネットがいるだけで、繋がれば大チャンスになる可能性があった。

これらの画像を見ればわかるとおり、ベガルタ仙台はボールホルダーの付近で、常に味方と三角形を作っていることがわかるだろう。先日の川崎フロンターレvsセレッソ大阪の記事で、川崎フロンターレが三角形をとにかく意識し続けていることとその理由を書いたが、そのお株を奪う巧みなプレーをベガルタ仙台も継続的に繰り広げていく。

また野津田。若いころから期待されながらも苦労の旅路を続けてきたが、ここにきて躍動する。ベガルタ仙台のビルドアップ段階ではDFラインの大岩や平岡からの縦パスの受け手になりまくっていた。またアタッキングサードでも、ピッチを自由に動き回り、スペースを常に意識してパスを受けるプレーを繰り返す。
次あの味方にパスが渡りそうだな、と思った瞬間から、受けれそうなスペースへの移動を開始し、スムーズに受けて攻撃を展開していく野津田は仙台の攻撃を活性化させる。
一方の川崎フロンターレはなかなかボールを奪えず苦しい展開となる。

そして仙台にいるもう一人の攻撃の中心選手が躍動する。川崎からレンタル中の中野だ。


3.サイド攻撃中心の仙台。川崎からレンタルの中野が躍動する次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ  
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------