<前回の記事はこちら

3.小林祐希の成長を感じる好プレー分析
さて悪循環の日本は、後半15分に香川真司に変えて小林祐希、大迫勇也に変えて杉本健勇を投入する。
そして変わって早々、ヘーレンフェーンで修業を積んでいる小林祐希が成長を感じさせるプレーを見せていく。今回はかざみさんというフォローさせていただいている方のtweet動画を引用しながら分析していく。

まず最初のシーン。
早い浮き球にも関わらず、難なくトラップをしてみせる。しかもNZの選手が取れない位置に置いている。そこからドリブルで久保をマークしていた選手を自分に引き付け、久保に時間とスペースを与えた状態で、ノールックパスを届ける。
一旦展開が進まなかったので、バックステップで久保や酒井と斜めの関係をとる。パスコース提供と久保が攻め込んで奪われた時のネガティブトランジションのカウンター対策になるポジショニング、という2つの機能を果たしている。そして同サイドはスペースを埋められているため、判断を切り替えて長いサイドチェンジを繰り出して見せた。

そして2つ目のシーン。プレスをかけてきた相手の重心の矢印とは逆側にトラップし方向を変える。しかもここで上手かったのは、一旦右足でトラップし、相手選手にここで取れると思わせて前がかりの体制にさせた後、即座に相手の重心と逆にドリブルすることで、簡単にかわすことができている。自分1人の力でスペースを得てみせたシーンだ。

3つ目のシーンも、おそらく山口にボールが渡る、のよりも前に首を振って前線の状況を確認している。この短い時間で状況を確認しているからこそ、ワンタッチであのパスを出すことができる。
自分にパスが来るかもしれない直前に、そこから目を逸らすというのは、自信がないとできないものだ。

別のシーンを見てみよう。
パスをした後、右、左と首を繰り返し振り、周りの状況をものの数秒間でしっかりと確認している。
そして乾から長友にパスが戻るタイミングでぽっかりと空いたスペースで受けられると予想し、そこにポジショニングして受ける。
しかも適切な高さで受けてみせた。つまり、長友のマーカーの視野に入らない高さまで上がって受けたことで、長友のマーカーが小林にアプローチができなかったのだ。

このように小林祐希は優れた洞察力と、確かな技術を見せつけた。

4.乾貴士が変えた流れ。決勝点の土壌を築く卓越したプレーは次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------