<前半戦の記事>
【図解で分析】中野と野津田が躍動、川崎相手にボール保持率で圧倒 川崎フロンターレvsベガルタ仙台の前半(1)
【図解で分析】中野と野津田が躍動、川崎相手にボール保持率で圧倒 川崎フロンターレvsベガルタ仙台の前半(2)

目次 
  1. 1人少なくなった川崎のリスクをとる逆張り戦術(本記事に記載)
  2. 落ち着きを失った仙台、しかし石原の一撃(本記事に記載)
  3. 川崎と対称的なリスク回避の仙台と疲れてきた前線
  4. 悔やまれる仙台の交代策、そして恐怖の等々力劇場
  5. 余談
1.1人少なくなった川崎のリスクをとる逆張り戦術

さて嫌な流れで前半を終えた川崎フロンターレ。鬼木監督は、低調だったネットに変えて長谷川を投入する。
frontale_sendai18
フォーメーションは、憲剛を中盤底におろし、その両脇を長谷川と森谷で固める、基本的には4-3-2としていたが少し流動的となっている。

川崎フロンターレが目指すのは優勝だ。つまり鹿島を追い越して首位になる必要がある。残りの試合も鹿島はほとんど勝つと想定すると、全勝するぐらいの気持ちでいかなければならない川崎フロンターレ。
つまりリスクを承知の上で攻撃的にいくしかない。
したがって自分たちの陣形が整っている時には激しく前からプレッシングをかける。しかも人数が少ない後半の方が激しくだ。具体的には、平岡がボールを持てば長谷川が、増嶋がボールを持てば森谷が中盤から気合のプレッシングをしかける。もちろん周りも連動する。
後半開始時こそ、前半の流れ通りうまくプレッシングを回避し、巧みなコンビネーションで抜け出していく場面が見られたが、徐々に鳴りを潜めていく仙台。

フロンターレも人数が少ない分難しいところがあり、高い位置でボールを失うことも多い。
しかしそれも想定済みだ。高い位置でボールを失ったら、キーパーまでプレッシングにいくこともあるほど激しくプレッシングする川崎フロンターレ。
人数が少なくなったのに激しく来るのかよ!と予想外の仙台は、あたふたしてしまい、GKへ下げてロングボールとなることが増えてしまう。
ここでロングボールの的である石原がキープできればいいのだが、守備が激しくなったのは前線だけでなくDFもだった川崎フロンターレ。石原のポストプレーに対して、谷口や奈良が激しく迎撃するようになる。
これにより石原が前半ほどキープできず、ボール奪取されてしまうことが場面が多くなり、流れを持って行かれる仙台。

もちろん高い位置からボールを奪えない時もある。そんな撤退時のフロンターレ。
中盤の底が憲剛で、左右が長谷川と森谷であるのは、憲剛に守備で走らせすぎて、攻撃面の貢献を疎かにさせるわけにはいかない。したがって憲剛が中央に居座りつつ、中央寄りからサイドには長谷川と森谷に運動量でカバーしてもらう、という考えだろう。
frontale_sendai21
したがって増嶋がボールを持てば森谷が気合のプレス。ボールサイド寄りの中盤の選手には憲剛。もう一つ遠い選手には三好が下がってつき、4-4-1っぽくなることも多かった。この三好の動きにより、多少長谷川と森谷の負荷を軽減させていた。

2.落ち着きを失った仙台、しかし石原の一撃

そんな対策に対して仙台。ここでサッカーには奥行きと横幅という概念があることを思い出そう。サッカーにおいて時間とスペースを多く広く持つことは、落ち着いて、正確に、自由にプレーする上で非常に重要な要素だ。
frontale_sendai22
したがって、前線の選手を始めとして裏を狙い、サイドの選手を始めとして両サイドに幅広くポジショニングをとることで、相手の守備陣形を縦にも横にも広げさせることが肝要となる。

しかし仙台。川崎のプレッシングにあたふたし、落ち着きがなくなってしまったのか、中央の狭いエリアか、サイドチェンジせずに片方のサイドだけでなんとかしようとしすぎてしまう。

したがってじゃあそこに人を集めればいい、となるのが川崎フロンターレ。仙台は数的有利をあまり活かせない攻撃をしてしまい、結果ボールを奪われる場面が増えていく。
逆サイドに持って行こうともするが、大きなサイドチェンジでなく、ショートパスで逆サイドに持って行こうとしたため、中央のところで激しい守備につぶされて、逆にカウンターを食らう場面も見られた。


しかしそんな流れが川崎に傾いていきそうなところで、逆に仙台に追加点が入る。
frontale_sendai_2goal_3
古林に代わって入った蜂須賀がクロスを放つ瞬間、奈良は一瞬構えたのかスピードを緩めてしまう。しかし石原はむしろスピードアップし、ファーサイドに流れながら奈良の前に入り込む。
frontale_sendai_2goal_4
奈良はあわてて急ぐも、ボールの落下点への直線上にはすでに石原がおり、真っすぐ最短距離で戻れない。そのため奈良は前に入り込み、曲線を描く形となってしまい時間がかかってしまう。そして届かない&間に合わず、石原にヘディングゴールを決められる。

石原は奈良が落下点へ走るコースを邪魔する良いコース取りをしたのが巧みだった。クロスが蹴られる直前の走っている途中に、首を振って、奈良の位置を確認した時に判断したのだろう。地味だが好プレーだった。

3.川崎と対称的なリスク回避の仙台と疲れてきた前線、4.悔やまれる仙台の交代策、そして恐怖の等々力劇場次回記事に続く

面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ  
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------