frontale_hiroshima1

目次
 
  1. プロローグ:優勝争いする主力離脱の多い川崎とまさかの降格圏内の広島(本記事に記載)
  2. ビルドアップはさせない!両チームのハイプレス方法(本記事に記載)
  3. 森島の迅速なポジションチェンジで川崎のハイプレスを掻い潜ろうとする広島
  4. 短い交代時間を有効に使った鬼木監督。谷口が川崎に変化を与える

1.プロローグ:優勝争いする主力離脱の多い川崎とまさかの降格圏内の広島

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、奈良竜樹、エドゥアルド、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、谷口彰悟、森谷賢太郎、長谷川竜也、小林悠。
前節のベガルタ仙台戦では、劇的な勝利で飾った川崎フロンターレ(前節の分析記事はこちらをご参照ください)。鹿島を追い越すためには今日も勝つしかない。相手の広島は下位とはいえ降格争いで必死に戦ってくるだろうため簡単にはいかないはずだ。大島、家長、ネット、阿部などがいなくてもやるしかないフロンターレ。

サンフレッチェ広島のスタメンは、中林洋次、高橋壮也、水本裕貴、千葉和彦、丹羽大輝、青山敏弘、稲垣祥、柏好文、森島司、アンデルソンロペス、皆川佑介。
いまだまさかの降格圏内にいるサンフレッチェ広島。一体何が起こっているのだろう。そこまで大きくスタメンも変わっているわけではないが、柴崎がなぜかベンチにいる。フェリペシウバもベンチだ。競合川崎相手にも負けられない戦いが続く

2.ビルドアップはさせない!両チームのハイプレス方法 
試合開始から両チームは前線からハイプレスを仕掛けることで、相手チームのビルドアップを破壊していく展開となる。

まずは川崎のビルドアップに対する広島のハイプレスだ。
frontale_hiroshima2
稲垣が谷口に、森島が森谷にきっちりつく。ボールを持つ奈良には皆川がプレスし、チョンソンリョンにパスすると、皆川に2度追いしてチョンソンリョンにプレスする。
frontale_hiroshima3
そしてチョンソンリョンは慌ててエドゥアルドにパスする。すると、皆川は奈良とチョンソンリョンへのパスコースをケア、さらに稲垣が谷口へのパスコースを消しつつ、エドゥアルドにプレスを仕掛ける。アンデルソンロペスが車屋、青山が憲剛をケアしている。
エドゥアルドはなんとか長谷川にスピードあるフィードを出したが、しっかりマークしていた丹羽がカットし、ボール奪取に成功。川崎のビルドアップを阻害する。

ではここでなぜ広島のプレスがうまくいったかについて考えてみよう。今回のテーマはそもそもハイプレスを選択する時のリスクマネジメントについて、だ。その重要な1つの要素は、相手のCFに何人マークをつけるか、だ。
frontale_hiroshima4
攻撃側はGKを含めてビルドアップ関与人数が11人なのに対して、守備側はGKがハイプレスに加われないので10人。つまり単純計算すると、守備側はできる限り1人の選手に1人がつきつつ、攻撃側の余り1人分を多めにカバーする、もしくは放置することが必要となる。

ただし、だ。相手CFが強烈な選手である場合、1人で守ってて大丈夫なのか、という問題がある。リスクが高いよね、という場合は1人のCFには2人守備人員を割く、などの対応が必要となってくる。

すると、それ以外の攻撃側10人に対して、守備側は8人で対応しなければならない。
つまり守備側は攻撃側の余り2人多めにカバーする、もしくは放置することが必要となる。
でなければ、ビルドアップを簡単に許してしまいかねないのだ。


では今回の広島の選択はどうだったか。

frontale_hiroshima5
小林悠には水本と千葉の2人をつける。そして前線の皆川、運動量豊富なインサイドハーフの稲垣などが1人分ずつパスコースを消しながら別の選手にもプレッシャーをかけることで、2人分の不足を補い、ビルドアップ阻害に成功した形となる。

ちなみにサイドライン際の高い位置で追い込んだ時はさらに小林悠に人数を割いている場面が見られた。
frontale_hiroshima6
例えば左サイド側なら、小林悠に水本と千葉が密着マーク。アンデルソンロペスが車屋を放置して他の選手をカバーする分、丹羽は水本と千葉のカバーリングに回っていた。つまり小林悠に対して3人用意していた。
それほど得点王争いをする小林悠を広島が警戒していた、ということがわかる。

さて川崎が困って出したフィードをカットできたら、広島は即座に水本、千葉、中林で深さを作る。丹羽はサイドに開く。
frontale_hiroshima7
これによって川崎がハイプレスをしてくるための距離を作りつつ、自分たちがビルドアップするため深さと幅のスペースをつくり出すことを目論んでいた。

しかし川崎はそんなに甘くない。ハイプレスへの距離が遠くても激しく前からプレッシングにいく川崎フロンターレだった。
frontale_hiroshima8
2CBには小林悠と中村憲剛がプレス。そして広島SBには川崎SHが対応する。
ただし広島にはアンカーの青山がいる。したがって千葉が持っている時に、長谷川は青山へのパスコースをケアしつつ、丹羽に出たらいつでも飛び出していける状態で待つ。
丹羽にパスが出ると、青山へのパスコースを消しつつ、丹羽に突撃していくことを基本とし、今度は広島のビルドアップ阻害に成功していた。
※広島の高橋は基本的に高い位置にあがっている。

frontale_hiroshima9
そして高い位置で奪ってのショートカウンターでは、広島は瞬間的に守備陣が4-1となることがある。したがって、インサイドハーフが戻ってくる前に、森谷などがアンカー両脇に上がり、シュートするなどの場面が見られた。

またハイプレスを一旦せず、ハーフラインの少し前からの守備時には小林悠が青山につく。
しかし広島の誰かがCBに下げようものなら、中村憲剛の猛ダッシュを合図に、川崎の連動したハイプレスが開始する。

frontale_hiroshima10
ちなみに小林悠か中村憲剛が青山のパスコースを消せていれば、例えば長谷川は稲垣へのパスコースをケアしながら、丹羽へ突撃準備、そして突撃していく。
そしてその間に谷口が稲垣へマークする時間ができる。また、稲垣が高い位置に移動していれば、奈良なども前に出て対応するなどし、広島に自由を許さなかった。

しかし広島は前半10分を少し過ぎたあたりからビルドアップの陣形を変え、川崎を翻弄しようと画策し始める。


3.森島の迅速なポジションチェンジで川崎のハイプレスを掻い潜ろうとする広島次回記事に続く

面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------