<前回の記事はこちら

4.仙台の攻撃に慣れてきたエスパルス。後半、三田を中心に仙台が動く

前回の記事では、両サイドでダイヤモンド型を形成する中で、形成するはずの誰かがいなければ、そうでないはずの誰かがそのポジションを埋める、ということについて書いた。

しかし清水エスパルスも受けっぱなしで守備に集中しているため、ずっと同じ状況には慣れてくる。
sendai_esupa11
具体的には、ダイヤモンドのパスの受け手に対して、受けるタイミングでのプレッシャーをかなり激しく行って密着し、ボール奪取やミスを誘い始めた。
またエスパルスが最も厳しくケアした選手は三田だった。三田にゲームメイクをさせないよう、北川が増嶋から三田へのパスコースを消したり、北川が三田へプレスバックするなどし始めたからだ。
どうせ同じパターンでパスを出してくるんでしょ、とパスが出る前からプレスに行く準備をするエスパルスの選手たち。
実際、これによってパスのずれを含め、ボールを失う場面が前半より多くなり始めるベガルタ仙台。


そこで三田はポジションを少し移動し始める場面が増えていく。
sendai_esupa12
これに周りも合わせて動き始める。

sendai_esupa13
まず蜂須賀が前半よりも高いポジションをとるようになる。デュークは蜂須賀に釣られてサイド寄りにポジショニング、そして三田が中央に移動したことで竹内は重心が少し中央に傾く。これにより増嶋から西村へのパスが通りやすくなった。
西村には清水がついていたため、それによって蜂須賀の前方にはスペースが空く。そこに駆け上がる蜂須賀にパスを届けるのだ。

似た形で、竹内が西村へプレスバックを狙えば余裕ができた三田から蜂須賀にパスを届けるシーンも見られたし、西村のポジションに野津田がいて野津田が蜂須賀にパスをするシーンも見られた。

そうなると今度は蜂須賀や三田を警戒するエスパルス。そうなると今度は西村がそのままハーフスぺースライン間で前を向き始める。

sendai_esupa14
そして蜂須賀がSBの裏を狙ったり、三田がバイタルで受けようとしたり三田自身も裏を狙うなどのアクションが見られる。西村もそんな周りの選手にパスを出すこともあれば、蜂須賀や三田がエスパルスの選手を引き連れてくれて空いたスペースにドリブルし、チャンスが演出されていく。

また西村がボールを受ける時、犬飼や清水ががっつり密着して迎撃してくるかもしれない。
したがって、竹内とデュークの直線上より少し前ぐらいのあたりにポジショニングしていた。
sendai_esupa15
これにより犬飼や清水からすれば、いやそこまでは行けないから竹内とデュークに任せた、となる。しかし竹内とデュークもそれぞれすでに三田と蜂須賀をケアしなければいけない状態の上、西村は斜め後ろの視野外にいるので対応しづらい。
これにより、パスを受けて前を向けばスペースにドリブルしていける、という状況をつくり出していた。

そうやって臨機応変に対応し、後半激しく来たエスパルスに対しても、70%近い支配率を維持するベガルタ仙台だった。

5.カウンターに望みを託す清水とゴールまで迫りきれない仙台次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------