<前半戦の記事はこちら>
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(1)
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(2)
【図解で分析】激しいハイプレスと迅速な変化で翻弄し合う両チーム 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の前半(3)

目次 
  1. 更に変化するビルドアップで右サイド集約から左サイドを攻めたてる広島(本記事に記載)
  2. 左サイド集約から右サイドスペースに展開して攻撃する川崎(本記事に記載)
  3. 余談(本記事に記載)

1.更に変化するビルドアップで右サイド集約から左サイドを攻めたてる広島

さて後半。2-0から大逆転でベガルタ仙台に勝ったことを鮮明に覚えているだろう川崎フロンターレ。今日はリードしているが、油断できないことは身にしみて感じているはずだ。
鬼木監督がハーフタイムにそう選手たちに告げたかは知らないが、鹿島を追い抜くためには気を抜けない川崎。

後半も前線からプレスをかけていく。特に中村憲剛が青山へのマークを強めているように感じられた。
frontale_hiroshima18
これに対して、青山は嫌だったろう。前半は森島がSBの位置に降りる場面がよく見られたが、今度は青山がSBの位置に降りる場面が見られるようになった。そして稲垣も降りてきてビルドアップを助ける場面が増えていく。
frontale_hiroshima19
これにより数的優位を発生させて、ビルドアップを進めていく広島。また椋原に届けた時に、右サイドでも数的優位を作るよう、ポジショニングする状況が見られた。
frontale_hiroshima20
これに対して、やばい、と川崎。左サイドにしっかりスライドし、数的同数以上になるよう意識して対応していく。しかし広島の本当の狙いは左サイドからの攻撃だった。

広島の左サイド、つまり川崎の右サイドはエウシーニョと三好だ。三好はお世辞にもあまり守備が得意とは言えない。またエウシーニョは攻撃が大好きだ。
frontale_hiroshima21
もちろん右サイドからそのまま椋原などがクロスを上げることもあったが、広島は川崎の選手を右サイドに集めた後、迅速に左サイドに展開し、オープンなスペースでエウシーニョ&三好 vs 柏&高橋 という構図を作る。

これで躍動したのは高橋だった。対面の三好を何度も攻略し、サイドの高い位置にフリーで侵入し、クロスを上げる、もしくは切り返して右足でクロスを上げるマシーンと化していく。

もったいないことと言えば、フリーで高い位置にいけるのだから、もう少し深く、そしてゴール前中央にドリブルで運んで、奈良をサイドにつり出してから低いクロスをあげていった方が良かったのではないかと思う。
でないと奈良やエドゥアルドに加えて、今日はボランチに普段CBの谷口もいる。そう大きな壁があるようなイメージだ。

とは言え、何度もクロスをあげていれば決定機は増えていく。しかし決められない稲垣や皆川や柏。ここで決められなければ苦しいぜ、と。

また終盤に三好と田坂を交代したのも、このサイドを狙われていたからだろう。しかし少し安定したが、SHになったエウシーニョがさらに前に出ていくため、チャンスを作られていたのには少し笑ったが。


2.左サイド集約から右サイドスペースに展開して攻撃する川崎
一方、後半の広島の守備もやはり基本的にハイプレスだった。ボールを失ってもすぐに周辺の選手がプレスし、奪え返してショートカウンターだ、と。しかしリードしていることもあり前半よりも少し落ち着いて回す川崎フロンターレ。
frontale_hiroshima22
そして左サイドを中心に組み立てていく。長谷川を登里に変えて運動量も維持させる。広島はやはり右サイドに非常にスライドさせ、数的優位かつスペースを狭めて川崎からのボール奪取を狙う。

しかし前半にも数度あったように、逆サイドのオープンスペースへ素早く展開できればチャンスが生まれる川崎。素早い展開で、小林悠や三好を中心に惜しい場面を作っていく。

しかしなかなか点が入らない両チーム。すると、新井のゴールキックを水本が対応できず、小林悠がそのままゴールを決めて、広島は万事休すとなった。


3.余談

3-0でロスタイムに入っても、前からプレスをかけ続ける川崎の意欲には驚かされた。小林悠や中村憲剛は疲れていただろう。実際、中村憲剛は後半途中からパスミスや判断ミスが見られたけども、それでも走り続けたのは立派。
また小林悠に至っては、疲れている中でも独力でなんとかしてみせてしまいそうな雰囲気を何度も感じさせていたのはえげつなかった。実際なんとかしてみせてしまったわけだが。

広島は順位からは想像しなかった程度には良いサッカーをしていた。千葉の貢献はもちろん、特にインサイドハーフの稲垣と森島の運動量や頭脳的なポジショニングは武器だろう。しかし得点を決められなければ勝ち点は得られない。稲垣は多くの決定機を得たんだけど、決められないのが辛いところだ。残り少ない試合で残留を果たせるだろうか。



面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------