<前回の記事はこちら

5.カウンターに望みを託す清水とゴールまで迫りきれない仙台

さて一方の清水の攻撃の狙いはどうか。機会は少なかったがなんとかボールを持てた時は、まずサイドに持って行く。ベガルタ仙台の守備陣形は、5-3-2になることが多い。
sendai_esupa16

そして清水は逆サイドに振り、中盤3人のスライドが間に合わないところにできたスペースにチアゴアウベスなどが侵入していくことでシュートを打つ場面などが前半見られた。
sendai_esupa17
また野津田がそもそもスライドしきれておらず、バイタルエリアが空いていることがあり、そこを使われそうな時もあった。

その他の狙いは、仙台がボールを支配するためにほぼカウンターしかなかった。チアゴアウベス頑張れ、的な。しかし大岩がことごとく立ちはだかってストップしており、あまり何もできない場面が多かった。

したがって攻め続けるベガルタ仙台。しかし清水の必死のブロックにも阻まれ、チャンスは作るもののゴールまであと一歩崩しきれない。
sendai_esupa18
その要因の一つとして考えられるのは、CBの機能だろう。具体的にはもう少しドリブルで持ち運び、相手選手を1人2人引き付けて、味方に時間とスペースを与えた状態でパスする場面を多く作りたかった。

例えば増嶋がドリブルで竹内を引き付けてしまい、三田が空いたスペースで前を向くなどが発生し得たはずだ。これは増嶋に限らず他のCBにも言えることだ。

また中野のような個で仕掛け、1人2人を剥がしていける存在がいなかったのもその要因の一つだろう。

いずれのアプローチでも良いのだが、この1つズレを生み出す効果は、守備側がそのズレをカバーしようとし、それによる新たなズレを別の場所に発生させられる。
そして最後にゴール前でズレを発生させることでフリーでシュートができれば理想だ。
マンチェスターシティなど欧州トップクラブがやっているのは、要はそういうことだ。

だが今日の仙台はそれが足りなかった。20本のシュートを放つも、本当に決定的、と言える場面が少なかったのはもったいないように見受けられた。そして0-0で試合終了。


6.余談

確実にやりたいサッカーが浸透してきている仙台。しかし怪我人が多いことはやはり悩ましい。椎橋や中野を始めとして違いを生み出せる選手がいないところは少し苦しいだろう。今後の成長に期待したい。

エスパルスは普段どういうサッカーをしているか追えていないので、今日のようなカウンターサッカーが通常運転なのかどうなのかわからないので、なんとも言えない。ある程度ポゼッションもするのなら、そういう試合も見てみたい。チアゴアウベス頼りのカウンターサッカーではちょっときつそうだ。



面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------