flontale_cerezo2_1

目次
    1. プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突(本記事で記載)
    2. 開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける(本記事で記載)
    3. 徐々にボールを支配していく川崎。右サイドに人を集める(本記事で記載)
    4. セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ
    5. 後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる
    6. セレッソのカウンターに変化が加わり、ボールを運ばれた川崎
    7. 余談
1.プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、エドゥアルド、谷口彰悟、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、大島僚太、エドゥアルドネット、家長昭博、小林悠。
この大舞台のタイミングで今季異次元の活躍を見せていた大島がスタメンで復帰。また同様に今季大活躍を見せていた阿部も復帰してベンチに構えている。長年追い求めてきたタイトルを、中村憲剛は掴めるだろうか。

セレッソ大阪のスタメンは、キムジンヒョン、松田陸、丸橋祐介、木本恭生、マテイヨニッチ、山口蛍、ソウザ、水沼宏太、清武弘嗣、柿谷曜一朗、杉本健勇。
一方セレッソも、森島の時代や香川・乾などの時代からギリギリでタイトルをこぼし続けてきた。つまりセレッソも時代を超えて意地でも掴みたいタイトルだ。今季セビージャから復帰したものの長期の怪我で離脱していた清武も徐々に調子を取り戻しつつある。そして清武が戻ってきたおかげで柿谷はFWで出場できている。

ちなみに前回対戦の分析記事はこちらから。


2.開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける 
さあ気合を入れて試合開始。しかしキックオフと同時に、試合の展開を大きく方向付ける事故が起きる。いきなりエドゥアルドがクリアミスし、杉本がゴールを決める。雄たけびをあげる杉本と歓喜のセレッソ大阪。
特別な大舞台で空振りミスをしてしまい、動揺すること間違いなしなエドゥアルドをすぐに励ましにいくCBのコンビを組む谷口の姿が印象的だった。

イケイケムードのセレッソ大阪と、やり返してやりたい川崎フロンターレ。気合が高ぶっていたのか、少しオープンな展開で試合が進んでいく。

しかし特段大きな決定機もなく、落ち着いていくと徐々に川崎フロンターレがボールを握り、セレッソ大阪が撤退守備でブロックを作りカウンターを狙う展開が続いていく。


3.徐々にボールを支配していく川崎。右サイドに人を集める

ボールを支配し始めた川崎フロンターレは、前半ずっと右サイドを中心に攻めていくこととなる。
flontale_cerezo2_2
さてそんな川崎フロンターレ。右サイドで連動した動きとパスワークを基に崩しつつ、時には同サイドに相手も集めておいて、左でアイソレーションの形になった爆速車屋からクロスも入れて左右で攻撃。
と思ったが、なんと前半のほとんどの時間を右サイドの狭いスペースでなんとかしようとしていた。

もちろん川崎が右サイド中心の攻撃だったのは、セレッソの左サイドにいる清武を自陣に留まらせることで攻撃に転じられないようにする意味もあったのだろう。さらに守備に振り回すことで体力を奪うこともできる。
セレッソの右サイド水沼は無尽蔵のスタミナで自陣からだろうと攻めあがっていけてしまうので、キープレーヤーとなる清武だけでも押し込むというのは論理的ではある。

とはいえ、サッカーの目的はゴールを奪うこと。負けている状況ならなおさらだ。ずっと右サイドで同じように攻撃していればセレッソも慣れてしまう。
flontale_cerezo2_3
したがってもう少し左右に揺さぶり、相手の守備の体の向きを入れ替えさえ、視野を無理やり変更させ、視野外を利用して攻めるアプローチをもっと活用しても良かったと考えられる。

視野外を利用した効果的な攻撃シーン集の動画を載せるので参考にしてほしい。


いきなりの先制点を浴びたといっても前半1分の話だ。散々後半に大逆転劇を演じてきた川崎はそこまで焦る必要はないが、現実としてそうなっていた。

そんなセレッソはボール奪取をそこそこできていた。そしてカウンターに転じていく。川崎フロンターレもカウンターをすぐに防ぎ、逆ショートカウンターを仕掛けたいが、セレッソにはカウンターでちゃんとボールを運べる仕掛けを施していた。


4.
セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ次回記事に続く


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------