<前回の記事はこちら

4.セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ

焦りなのか、右サイドの狭いスペースでばかり攻めてくる川崎フロンターレに対して、同サイドにスライドし、しっかりとスペースを消して対応するセレッソ大阪。
flontale_cerezo2_4
ライン間の各スペースで前線の選手やエウシーニョがポジショニングし、ネットや大島などからの縦パスを受けることを狙う。そこから前を向いたりダイレクトパスなどコンビネーションで崩していくのがいつものフロンターレだ。

しかしセレッソ大阪はかなりスペースを消してきていた。
flontale_cerezo2_7
最前線で柿谷が待機し、杉本は大島とネットに対してケアする。それ以外の8人は4-4でブロックを形成する。もちろん縦パスが出れば周囲の選手がプレッシャーをかけていく。そんな状況と焦りが、川崎の選手たちのパスミスを誘っていた。

そしてセレッソはボール奪取すると、リーグ戦のようにショートパスを繋いでいく、なんてことは全くなかった。つなごうとすれば、ボールを失った直後から川崎フロンターレの選手たちがすぐさま奪い返しに襲い掛かってくる。

したがってこの試合のセレッソは、しっかりと準備してカウンターを武装してきていた。
清武が復帰したことで、左SHには清武、FWに柿谷がいる。柿谷はスピードもあり、トラップの技術も非常に高いものを持っている。

したがって2トップの柿谷と杉本がカウンターの重要なキーパーソンとなる。そしてこの2選手の配置が非常に効果的だった。

どういうことか。
flontale_cerezo2_8
通常、ポストプレーヤーとスピードがあり技術のある選手の2トップであれば、ポストプレーヤーを最前線に置き、ポストプレーヤーが落としたボールをもう一方の選手が拾って駆け上がっていく、という形をイメージする方が多いのではないだろうか。

しかしセレッソ大阪はそうではない。

スピードと技術のある柿谷が最前線にいればロングボール一発で相手ゴールに迫ることが可能だ。そんな柿谷は守備時に最前線で待ち構え、味方がボール奪取をすれば裏を狙う、を続けていた。

flontale_cerezo2_5
したがって川崎フロンターレは裏を狙う柿谷のことを警戒する。セレッソ大阪にボール奪取され、柿谷が裏を狙えば、谷口とエドゥアルドはラインを下げて対応する。

しかしそんな対応がされることはユンジョンファンもわかっている。そしてセレッソの前線にはもう1人、日本代表に選出されている杉本がいる。
flontale_cerezo2_6
柿谷の動きによって生まれたスペースにすかさずポジショニングする杉本。時間とスペースがあればもちろんプレーをすることは容易となる。セレッソは第一の選択肢を柿谷としながらも、実際には杉本にあててのポストプレーからカウンターアタックを仕掛けていく。

杉本はマーカーに接触しながらのポストプレーをあまり好んではいないタイプの選手だ。いつも大体相手から少し離れてボールにタッチしたがる。そんな杉本には絶好のスペースであり、カウンターの起点に何度もなることができていた。

守備時には杉本が大島とネットをケアするポジショニングで守備を行っていたが、これはカウンター時も考慮してのポジショニングだった。サッカーにおいて攻撃と守備は別のものではなく、攻守は一体なのだ、と示していた。

前回の対戦では、ビルドアップ時に中村憲剛を筆頭に川崎フロンターレによる激しい前線からのプレスを非常に苦しんだセレッソ大阪。おそらく川崎フロンターレはこの日も激しくプレッシングをかけて、セレッソを苦しめるプランでいただろう。

しかし先制点も早々に獲得したセレッソは、そんな川崎フロンターレのプランに付き合う気はさらさらなかった。それよりもカウンター、そして難しければやり直す。そんなシンプルで効果的なプランは選手たちの意思統一を容易にした。

5.後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる次回記事に続く

 
面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------