japan_brazil1

目次
  1. プロローグ:本格的な強化試合の始まり。ブラジルに挑む(本記事で記載)
  2. 日本代表の前線からのプレス、その仕組み(本記事で記載)
  3. 前半、プレスをかわすブラジルの巧みさと日本の反省点(11/15UP予定)
  4. 日本代表のカウンターアタックがうまく発揮できなかった理由
  5. 日本の攻撃が効き始めた理由。狙うは右サイド。
1.プロローグ:本格的な強化試合の始まり。ブラジルに挑む

日本代表のスタメンは、川島永嗣、酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、長谷部誠、山口蛍、井手口陽介、原口元気、大迫勇也、久保裕也。
いよいよW杯に向けて、本格的な強化試合が始まる。相手はブラジル。ハリルは香川、本田、岡崎をメンバーから外して挑む。地元リールでの試合なので、ハリルは勝利とは言わないまでも良い試合を見せたいだろう。

一方ブラジル代表のスタメンは、アリソン、ダニーロ、チアゴシウバ、ジェメルソン、マルセロ、カゼミーロ、ジウリアーノ、フェルナンジーニョ、ウィリアン、ネイマール、ジェズス。
南米予選を10勝2分という圧倒的戦績を残して予選を通過したチッチ監督。ちなみにベンチも含めて豪華メンバー。タレント豊富すぎてまとめるのが大変そうだが、まとまっているのだろう。


2.日本代表の前線からのプレス、その仕組み  

まず日本の守備は、前線から激しくプレッシングをかけていく。もちろん無理な時は、ハーフライン少し前あたりから守備をするが、狙いとしては前線から激しくプレスし、高い位置でボールを奪取し、ショートカウンターでゴールを狙うことを第一としていた。

japan_brazil2
そんな日本に対するブラジル。おそらくこれだけ多くの選手がビルドアップに関わっていたのは開始早々にブラジルが先制点をとれてしまったというのも大きな要因だろうが、ブラジルはDFとMFの7人でビルドアップを行っていく。一方の日本はFWとMFの前線6人でプレスしていく。当然普通にやると1人浮いてしまうので、数的不利でビルドアップを許してしまう。
japan_brazil3
したがってまず大迫が、ブラジルのCBからボールを奪うのではなく、一方のサイドにコースを限定しながらプレスをかけていく役割を担う。
japan_brazil4
ブラジルのSBにボールが出そうなタイミングが、激しいプレッシングの合図だ。そこから日本の選手たちはコースを限定しながら距離を詰めることで限定したサイドで数的同数を作り上げる、という狙いだ。

そしてここから無理な横パスを出させてパスカットやボール奪取し、高い位置からショートカウンター。
japan_brazil6
また、降りてくるネイマールに縦パスを出させて、久保がプレスバックし、酒井との挟みこみで、ボール奪取する狙い。
japan_brazil5
もしくはロングボールを放り込ませて、酒井、吉田麻也、槙野の長身連中でハイボールの競り合いが得意とは言えないジェズスやネイマールと競り、ボールが浮いてる間に井手口や山口、長谷部が戻ってセカンドボールを拾い、マイボールに、というのが日本の基本設計だったのだろう。

実際高い位置でのボール奪取に何度かは成功していたが、そこはブラジル、日本のプレスを回避する策を実行してきた。また日本側にも回避する術を提供してしまっている要因があった。

3.前半、プレスをかわすブラジルの巧みさと日本の反省点は次回記事に続く(11/15UP予定)


面白いサッカーブログが多くあります。
私もランキング参加中、クリック励みになります
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ 
----------------------------------------------------------------------
たまにtwitterで実況しながら分析もしています
 
----------------------------------------------------------------------