sevillaOF vs espanyolDF

セビージャのスタメンは、リコ、ビトーロ、メルカド、パレハ、マリアーノ、エンゾンジ、サラビア、清武、バスケス、ビエット、ベンイェデル。 注目の清武はまたスタメンである。代表では左寄りで起用されることの多い清武、セビージャでは右寄りで起用されることが多い。また開幕前は中盤や前線でだったビトーロが左SBに起用されている。そして開幕前と異なる点は他にもあり、2トップになって、ベンイェデルがスタメンとなった。 チリ代表を率いて2015コパアメリカを制した名将サンパオリが、いよいよ欧州の舞台に登場する。結果を出せるか期待がかかる。

エスパニョールのスタメンは、ヒメネス、ルーベン、オスカル、ゴンザレス、ロペス、ピアッティ、サンチェス、ディオプ、ペレス、モレノ、バチストン。 監督はなんとキケ・サンチェス・フローレス。レアルの下部組織で指導者をし始めた監督で、バレンシア時代のCLでの活躍が懐かしい。中東での監督を経由し、プレミアにも行ったものの、リーガに帰ってまいりました。 ちなみに俊輔がエスパニョールにいた時、現在セビージャでキャプテンをはるパレハが同僚だったらしい。

 ■攻撃的なセビージャ

続きを読む