【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

カテゴリ:Jリーグ > 浦和レッズ

kashima_reds1
目次
    1. プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突(本記事で記載)
    2. サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング(本記事で記載)
    3. 2連続でダイヤを形成させる浦和のビルドアップ(11/9UP予定)
    4. 人に意識の強いカシマと、その弱点を突きたいレッズ
    5. 三竿と遠藤のポジショニングに大きな変化。その心は?
1.プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突

鹿島アントラーズのスタメンは、曽ヶ端準、西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗、三竿健斗、レオ・シルバ、遠藤康、レアンドロ、金崎夢生、土居聖真。
この試合に勝てば優勝に王手だ。川崎の逆転可能性を限らなく小さくすべし、というところだ。そういえばボランチのスタメンが小笠原でないことは知っていたが、永木までもベンチに追いやった三竿はまだ21歳。これからが楽しみな逸材だ。

浦和レッズのスタメンは、西川周作、遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章、青木拓矢、武藤雄樹、柏木陽介、長澤和輝、ラファエルシルバ、興梠慎三。
今季はどうも奮わずミシャが解任されているレッズ。そしてスタメンが色々変わりマウリシオがやってきた。別の試合を見たが、マウリシオは非常にレベルが高く、ビルドアップなどでも貢献できそう感が満載だ。来季に向けて良い感触でシーズンを終えていきたいところだろう。


2.サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング 続きを読む

 目次 1.浦和GK西川が追求する足下だけでない「究極の余裕」 2.日本にもいる!スペイン1部からの誘いを断った天才GKコーチ 3.GKスキルを手始めに知りたい方はまずフットボールネーションから 4.余談

 1.浦和GK西川が追求する足下だけでない「究極の余裕」 浦和レッズの守護神というだけでなく、日本代表の守護神である西川。 『フットボールネーション』という漫画で最近、日本のGKと欧州のトップレベルのGKスキルの大きな隔たりについて描かれることが多く、彼のプレーに注目されている方も多いのではないかと思う。

そんな西川と、そのGKコーチをつとめる土田コーチに関する記事が素晴らしかった。
浦和GK西川、土田コーチと追う「究極の余裕」
彼の特徴として、まず報じられたり語られることが多いのは足下の上手さ。つい最近もGKであるにもかかわらず2試合連続アシストを記録するほど。ポゼッションサッカーを目指すチームにとって、ビルドアップを成功に導くことは時間とスペースを前線へ届けるための生命線とも言える。であるがゆえに、GKの足下の上手さというのは本当に重要で、かなり違いを生み出す。

しかしGKの本分とは何か、というと、やっぱり一番は「良い準備をし、ボールを手で止めること」。それは誰もが認めるところだろう。

その点、足下の上手さだけではなく、西川が土田コーチの下、ボールを手で止めるために、構え、手や腕の動かし方、プレジャンプの最小化などなどトレーニングをしっかりと積んでいることは日本にとって非常に喜ばしいことだ。 明後日から始まる日本代表戦でも、おそらく西川はスタメンだろうから、頑張ってほしい。

 2.日本にもいる!スペイン1部からの誘いを断った天才GKコーチ

続きを読む

↑このページのトップヘ