【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

カテゴリ:Jリーグ > 鹿島アントラーズ

kashima_reds1
目次
    1. プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突(本記事で記載)
    2. サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング(本記事で記載)
    3. 2連続でダイヤを形成させる浦和のビルドアップ(11/9UP予定)
    4. 人に意識の強いカシマと、その弱点を突きたいレッズ
    5. 三竿と遠藤のポジショニングに大きな変化。その心は?
1.プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突

鹿島アントラーズのスタメンは、曽ヶ端準、西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗、三竿健斗、レオ・シルバ、遠藤康、レアンドロ、金崎夢生、土居聖真。
この試合に勝てば優勝に王手だ。川崎の逆転可能性を限らなく小さくすべし、というところだ。そういえばボランチのスタメンが小笠原でないことは知っていたが、永木までもベンチに追いやった三竿はまだ21歳。これからが楽しみな逸材だ。

浦和レッズのスタメンは、西川周作、遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章、青木拓矢、武藤雄樹、柏木陽介、長澤和輝、ラファエルシルバ、興梠慎三。
今季はどうも奮わずミシャが解任されているレッズ。そしてスタメンが色々変わりマウリシオがやってきた。別の試合を見たが、マウリシオは非常にレベルが高く、ビルドアップなどでも貢献できそう感が満載だ。来季に向けて良い感触でシーズンを終えていきたいところだろう。


2.サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング 続きを読む

marinos_kashima  目次 1.プロローグ:貴重な選手を欠くマリノスと監督を欠く鹿島 2.マリノスによるビルドアップ破壊の仕組みと鹿島の反抗 3.鹿島のハイプレスと躍動する金崎。それでも僕らにはカウンターがある 4.鹿島CBの特徴を利用せよ 〜やつらをサイドに釣り出せ〜 5.余談

 1.プロローグ:貴重な選手を欠くマリノスと監督を欠く鹿島 マリノスのスタメンは、榎本哲也、金井、ファビオ、中澤、小林祐三、齋藤学、兵藤、喜田、天野、伊藤翔、カイケ。 マルティノスが出場停止で、ラフィーニャと中村俊輔も欠場。今シーズン何度か見た試合で、異彩を放っていたし、マリノスでボールを運べる数少ない選手が俊輔とマルティノスだけに痛い。また優秀なSBである下平がベンチにもいないのだがどこへ行ったんだろう。

鹿島のスタメンは、曽ヶ端、山本、昌子、ファン・ソッコ、西、土居、小笠原、柴崎、鈴木、金崎夢生、赤崎。 前節湘南戦で交代させられた際に石井監督といざこざがあった金崎夢生がどうなるのかと思ったがスタメンだった。その代わりというのもおかしいが、石井監督が休み、大岩コーチが指揮をとるという不思議なことになっている鹿島は一体どうなるか。 なお本日30日時点で、石井監督は復帰したようだ。

 2.マリノスによるビルドアップ破壊の仕組みと鹿島の反抗

続きを読む

↑このページのトップヘ