【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

カテゴリ: Jリーグ

kashima_reds1
目次
    1. プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突(本記事で記載)
    2. サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング(本記事で記載)
    3. 2連続でダイヤを形成させる浦和のビルドアップ(11/9UP予定)
    4. 人に意識の強いカシマと、その弱点を突きたいレッズ
    5. 三竿と遠藤のポジショニングに大きな変化。その心は?
1.プロローグ:昨年のJ1覇者と勝ち点No.1の激突

鹿島アントラーズのスタメンは、曽ヶ端準、西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗、三竿健斗、レオ・シルバ、遠藤康、レアンドロ、金崎夢生、土居聖真。
この試合に勝てば優勝に王手だ。川崎の逆転可能性を限らなく小さくすべし、というところだ。そういえばボランチのスタメンが小笠原でないことは知っていたが、永木までもベンチに追いやった三竿はまだ21歳。これからが楽しみな逸材だ。

浦和レッズのスタメンは、西川周作、遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章、青木拓矢、武藤雄樹、柏木陽介、長澤和輝、ラファエルシルバ、興梠慎三。
今季はどうも奮わずミシャが解任されているレッズ。そしてスタメンが色々変わりマウリシオがやってきた。別の試合を見たが、マウリシオは非常にレベルが高く、ビルドアップなどでも貢献できそう感が満載だ。来季に向けて良い感触でシーズンを終えていきたいところだろう。


2.サイドを制圧せよ。相手を惑わす土居と金崎と西のポジショニング 続きを読む

<前回の記事はこちら

5.後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる

右サイドばかりからの攻撃で前半45分間は得点ができなかった川崎フロンターレ。
flontale_cerezo2_9

続きを読む

<前回の記事はこちら

4.セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ

焦りなのか、右サイドの狭いスペースでばかり攻めてくる川崎フロンターレに対して、同サイドにスライドし、しっかりとスペースを消して対応するセレッソ大阪。
flontale_cerezo2_4
続きを読む

flontale_cerezo2_1

目次
    1. プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突(本記事で記載)
    2. 開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける(本記事で記載)
    3. 徐々にボールを支配していく川崎。右サイドに人を集める(本記事で記載)
    4. セレッソがボール奪取しカウンターが発揮できていたワケ
    5. 後半、鬼木監督の指示で川崎フロンターレの攻撃が変わる
    6. セレッソのカウンターに変化が加わり、ボールを運ばれた川崎
    7. 余談
1.プロローグ:どこよりもタイトルを切望する両チームの激突

川崎フロンターレのスタメンはチョンソンリョン、エドゥアルド、谷口彰悟、車屋紳太郎、エウシーニョ、中村憲剛、三好康児、大島僚太、エドゥアルドネット、家長昭博、小林悠。
この大舞台のタイミングで今季異次元の活躍を見せていた大島がスタメンで復帰。また同様に今季大活躍を見せていた阿部も復帰してベンチに構えている。長年追い求めてきたタイトルを、中村憲剛は掴めるだろうか。

セレッソ大阪のスタメンは、キムジンヒョン、松田陸、丸橋祐介、木本恭生、マテイヨニッチ、山口蛍、ソウザ、水沼宏太、清武弘嗣、柿谷曜一朗、杉本健勇。
一方セレッソも、森島の時代や香川・乾などの時代からギリギリでタイトルをこぼし続けてきた。つまりセレッソも時代を超えて意地でも掴みたいタイトルだ。今季セビージャから復帰したものの長期の怪我で離脱していた清武も徐々に調子を取り戻しつつある。そして清武が戻ってきたおかげで柿谷はFWで出場できている。

ちなみに前回対戦の分析記事はこちらから。


2.開始早々の先制点。少しオープンな展開で幕をあける 続きを読む

<前回の記事はこちら

5.カウンターに望みを託す清水とゴールまで迫りきれない仙台

さて一方の清水の攻撃の狙いはどうか。機会は少なかったがなんとかボールを持てた時は、まずサイドに持って行く。ベガルタ仙台の守備陣形は、5-3-2になることが多い。
sendai_esupa16

続きを読む

↑このページのトップヘ