昨日行われたCL(チャンピオンズリーグ)のセビージャvsユベントス戦でスタメン落ちし、CL出場が持ち越しとなってしまった清武。 実は、その2試合前のリーグ戦つまり本記事で扱うビジャレアル戦で、清武の出来がひどかったことに原因があった。 つまりスタメン落ちする前兆はちゃんとあったということだ。

sevilla_villarreal1

 目次 1.プロローグ:清武CLユーベ戦スタメン落ちの原因となった試合 2.ビルドアップ成功の任務を与えられた清武と、超人ビトーロの存在 3.後半の清武に、サンパオリの鉄槌が下る 4.余談

 1.プロローグ:清武CLユーベ戦スタメン落ちの原因となった試合 セビージャのスタメンは、リコ、コロジェイチャク、ラミ、パレハ、マリアーノ、エンゾンジ、サラビア、ビトーロ、清武、バスケス、ビエット。 昨年アウェーで1勝もしていないセビージャは今シーズンこそ普通に勝っていきたいところだろう。スタメンは基本的にお馴染みのメンバーだが、コロジェイチャクが戻ってきた。あとはパレハもスタメン。ビトーロはあっちこっちのポジションで使われてどこでも活躍している。ちなみにスペイン代表にも呼ばれ、そちらでも絶賛活躍中だ。

ビジャレアルのスタメンは、セルヒオ、ガスパール、ムサッキオ、ビクトルルイス、ハウメコスタ、ソリアーノ、ブルーノ、トリゲロス、サムエル、パト、サンソーネ。 カソルラたちがいた時代が懐かしいビジャレアル。特に注目の選手はブルーノとパトだろう。パトは色々不遇の時代を過ごしてきているのでビジャレアルで本格的に開花できるだろうか。

 2.ビルドアップ成功の任務を与えられた清武と、超人ビトーロの存在

続きを読む