ボルシアMGはブンデスで2シーズン前は3位、昨シーズンは4位となかなか良い位置にいてそこそこ強いチームのはず。しかしペップシティの独壇場となった試合だった。いかにしてシティはボルシアMGを手の平で転がしてしまったのだろうか。

manc_bmg1

 目次 1.プロローグ:絶賛好調中ペップシティのCL挑戦が開始する 2.シティのハイプレスルールと、ボール奪取の仕組み 3.ハイプレスに対抗する、何段階にも準備されたシティのビルドアップ 4.ギュンドアンとアグエロの繰り返し見られたプレーとは 5.余談

 1.プロローグ:絶賛好調中ペップシティのCL挑戦が開始する
シティのスタメンは、ブラボ、コラロフ、ストーンズ、オタメンディ、サパレタ、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、デブライネ、スターリング、アグエロ、ナバス。
先日記事にしたユナイテッド戦にも勝利し、絶賛絶好調中のシティ。ペップ・グアルディオラはリーグ戦に飽き足らず、CL制覇も目論んでいることだろう。CLのグループCにはバルセロナがおり、勝敗が読めないので、残りのボルシアMGとセルティックには絶対勝っておきたいところだろう。

ボルシアMGのスタメンは、ゾマー、トビアス、クリステンセン、ニコ、モハメド、クラマー、オスカル、ジョンソン、ラファエル、アンドレ、ラース。 スイス代表のジャカがアーセナルに移籍してしまい、代わりではないが、ドイツ代表のクラマーを獲得している。 ちなみにCL予選のプレーオフでは、五輪に出れなかった久保がいるヤングボーイズに2戦合計9-2で勝ち、グループリーグに上がってきた。

 2.シティのハイプレスルールと、ボール奪取の仕組み

 続きを読む