【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

タグ:マンチェスターユナイテッド

ついにやってきたペップvsモウリーニョのマンチェスターダービー。 先日、ペップ×シティの記事(ペップ戦術の浸透具合とハイプレスで躍動するストーク 〜マンチェスターシティvsストーク〜)では早速ペップらしさを見せていたことを、モウ×ユナイテッドの記事(モウリーニョが描くユナイテッドの未来、そしてUAE戦の日本代表と決定的な差を見せる2選手 〜マンチェスターユナイテッドvsハルシティ〜)では予想に反して、ハイプレスも撤退守備もポゼッションでも、なんでもできるチームを目指しているのかもしれないことを書いた。

ペップのポゼッション重視のチームに対して、やられたら仕方ないぐらいの勢いで猛烈なハイプレスをかけていく戦術がある程度有効なのは過去に色んなチームが示している。しかし前節時点のユナイテッドのハイプレスはかなり怪しくて微妙なものだったが果たしてどうなるのか。

試合が進んでいく中で、2人の世界的名将は非常に面白い選択をしていくのであった。

manc_manu1

 目次 1.プロローグ:ついにプレミアで因縁の対決 2.ペップらしいポゼッションで余裕のボール運び 3.「モウよ、攻撃も思い通りにさせないよ」のシティ’s ハイプレス 4.「ペップよ、お前には意地でも負けねえ!」次は俺らのハイプレスだ! 5.余談

 1.プロローグ:ついにプレミアで因縁の対決
マンチェスター・ユナイテッドのスタメンは、デヘア、ルークショー、ブリント、バイイー、バレンシア、リンガード、ポグバ、フェライニ、ムヒタリアン、ルーニー、イブラヒモビッチ。 前節からマーシャル→リンガード、マタ→ムヒタリアン、とスタメンを変更してきた。マタは良いプレーをしていたが、ペップのチーム相手だとポゼッションサッカーではなくなると読んでの変更だろうか。

シティのスタメンは、ブラボ、コラロフ、オタメンディ、ストーンズ、サーニャ、フェルナンジーニョ、シルバ、デブライネ、ノリート、イヘアナチョ、スターリング。 バルセロナからビルドアップ能力に優れたブラボを獲得し、早速スタメンに起用される。あとはSBのスタメンが誰になるか読めなかったが、サーニャとコラロフとなった。そして出場停止のアグエロに代わり19歳のイヘアナチョが大一番でスタメンとなった。

 2.ペップらしいポゼッションで余裕のボール運び

続きを読む

UAE戦の日本代表の分析記事(UAE戦、なぜ中央渋滞が発生し、なぜ香川真司は空気だったか図を用いて解説 〜日本代表vsUAE〜)でも扱ったが、ピッチ上の選手たちには自身で中央渋滞を解決することはできなかった。 これが世界最高峰の舞台ではどうなるのだろうか。日本代表と似たフォーメーションかつ中央好きな選手が多いために中央渋滞していくユナイテッドには、それをすぐに解決しようとする2人の選手がいた。

manu_hull1
 目次 1.プロローグ:CLを逃したユナイテッドにやってきたモウと選手達 2.ポグバとフェライニを切なくさせるユナイテッドのハイプレス 3.日本代表と大きな差を見せるユナイテッドの2人の選手 4.機能する右サイド、機能しない左サイド 5.余談

 1.プロローグ:CLを逃したユナイテッドにやってきたモウと選手達
今週末、ついにペップ×シティ vs モウリーニョ×ユナイテッドという因縁の対決がある。そんなわけで先日のシティ戦に続き、ユナイテッドについても予習しておく。

マンチェスター・ユナイテッドのスタメンは、デヘア、ルークショー、ブリント、バイイー、バレンシア、マーシャル、ポグバ、フェライニ、マタ、ルーニー、イブラヒモビッチ。 やってきましたモウリーニョ。そしてイブラやポグバという超有名選手を買い、新たな黄金時代を築いていくことになるのだろうか。イブラはプレミアに来ても点を取っている。そして放出候補と噂されていたマタがスタメン。

ハルシティのスタメンは、ヤクポヴィッチ、ロバートソン、デイヴィーズ、リヴァモア、アルムハマディ、クルーカス、ハドルストン、マイラー、ディオマンデ、エルナンデス、スノッドグラス。 また数年前までトッテナムにいたハドルストーンがいる。モドリッチ、ベイル、ベルバトフなどと一緒にいた時のトッテナムが著者は好きだったので少し思い入れがある。プレミアに復帰したハルシティとしてはなんとか引き分けには持ち込みたいところか。ディオマンデの調子が良いらしい。

 2.ポグバとフェライニを切なくさせるユナイテッドのハイプレス

続きを読む

↑このページのトップヘ