【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

タグ:ユベントス

intel_juve1

 目次
1.プロローグ:デブールvsアッレグリ 〜イタリアダービー〜 2.ユーベを苦しめたハイプレスと、反抗するディバラ 3.FWが守備をしない5-3-2の辛さ 4.攻守のシステム変換の弱点、スペースへの意識が素晴らしい選手達 5.余談

 1.プロローグ:デブールvsアッレグリ 〜イタリアダービー〜
インテルのスタメンは、ハンダノヴィッチ、ムリージョ、ミランダ、ダンブロージオ、メデル、サントン、ジョアン、バネガ、カンドレーヴァ、イカルディ、エデル。 どうも近年調子が悪いインテル。フランクデブールが監督に就任した。ただしこの試合の前にはELの初戦で負けてしまい、非難に晒されている。よってこの試合には絶対に勝ちたいところだ。セビージャから移籍してきたバネガが早速トップ下でスタメンだ。残念ながら長友はベンチ。またペリシッチやヨヴェティッチなどもベンチにいる。

ユベントスのスタメンは、ブッフォン、ボヌッチ、リヒトシュタイナー、ベナティア、キエッリーニ、サンドロ、ピャニッチ、ケディラ、アサモア、ディバラ、マンジュキッチ。 先日扱ったセビージャとのCL戦から中3日でインテル戦という厳しい日程で臨むアッレグリ率いるユーベ。したがってローテーション起用となっている。バルザリ、アウベス、エヴラ、レミナ、イグアインがベンチにいる。ついでにピアツァと、戻ってきたクアドラードもベンチにいる。

 2.ユーベを苦しめるたハイプレスと、反抗するディバラ

続きを読む

sevilla_juve1

 目次 1.プロローグ:清武のCLデビュー持ち越し、ユーベのCL制覇への序章 2.セビージャのハイプレスがユーベのビルドアップを苦しめる 3.ユベントスもハイプレス。しかしそこには誤算があった 4.ディバラの呪いがセビージャに襲いかかる 5.余談

 1.プロローグ:清武のCLデビュー持ち越し、ユーベのCL制覇への序章
セビージャのスタメンは、リコ、エスクデロ、ラミ、パレハ、メルカド、クラネビッテル、サラビア、イボーラ、エンゾンジ、ビトーロ、バスケス。
先日扱った記事の通り、清武は少し評価を落としてしまったタイミングだっただけにベンチスタートとなってしまった。セビージャはグループ2位でも突破できればいいよねってことで、アウェーだし引き分けでもいいだろうと考えてそうなサンパオリ。なので守備的兼ビルドアップ改善のためのスタメンの意味合いもあり、ベンチスタートは仕方ない面もある。

ユベントスのスタメンは、ブッフォン、キエッリーニ、ボヌッチ、バルザリ、エヴラ、アサモア、レミナ、ケディラ、アウベス、イグアイン、ディバラ。 ポグバが移籍してしまったが、ナポリから強力なストライカーであるイグアインを獲得。さらにバルサからアウベスまで獲得している。メンバーを見ればかなり強力で、今年こそCLを制覇したいだろう。ちなみにピャニッチではなくアサモアがスタメンとなった。

 2.セビージャのハイプレスがユーベのビルドアップを苦しめる

続きを読む

↑このページのトップヘ