【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

タグ:本田圭佑

タイ戦では、UAE戦分析記事(UAE戦、なぜ中央渋滞が発生し、なぜ香川真司は空気だったか図を用いて解説 〜日本代表vsUAE〜)で指摘した幅と深さの問題について解決したい意図は見えた。しかしなぜタイ程度の相手に大量得点できない展開となってしまったのだろうか。それをタイの守備陣形、スペースの活用、ボランチの攻撃性能という面から見ていく。

japan_thai1

 目次 1.プロローグ:カウンター対策、突破力、裏抜けを補充する日本 2.タイの日本対策ディフェンス 〜SHの中央警戒ポジショニング〜 3.左サイドをいかに崩していくか 〜ポッカリ空いたスペース〜 4.なぜタイ程度に大量得点できないか 〜物足りないボランチの攻撃性能〜 5.余談

 1.プロローグ:カウンター対策、突破力、裏抜けを補充する日本 日本代表のスタメンは、西川周作、酒井高徳、吉田麻也、森重真人、酒井宏樹、長谷部誠、山口蛍、原口元気、香川真司、本田圭佑、浅野琢磨。 UAE戦からは大島→山口、清武→原口、岡崎→浅野。日本のポゼッション率が高くなる展開だろうから、ネガティブトランジション時のカウンター対策として山口起用は合理的。ただし攻撃に関してこの2人にそこまで期待するわけにはいかないので、前線4人とSB2人の6人でなんとかしてね、という感じだろうか。

タイ代表のスタメンは、上記画像をご参照ください。ティーラシンはタイのメッシと呼ばれてるらしい。

 2.タイの日本対策ディフェンス 〜SHの中央警戒ポジショニング〜

続きを読む

試合後、選手はリズムがつくれなかった、と言う。具体的にはどういうことなのだろうか。 日本もUAEも中央に渋滞するかのごとく選手が密集し、ごちゃごちゃしてしまっていた。そして香川真司はなかなか活躍できなかった。なぜこのようなことが起こってしまったのか。

japan_uae1

 目次 1.プロローグ:抜擢された大島僚太、準備万端のUAE 2.UAEのファーサイドを狙え 3.なぜ中央渋滞が起こってしまったのか 4.なぜ香川は空気になってしまったのか 5.カウンターにしてやられるジャパン 6.余談
 1.プロローグ:抜擢された大島僚太、準備万端のUAE 日本代表のスタメンは、西川周作、酒井高徳、吉田麻也、森重真人、酒井宏樹、長谷部誠、大島僚太、清武弘嗣、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司。 抜擢された大島僚太。川崎の10番に期待がかかる。また帰国が最も遅かった清武もスタメンとなった。そして今のところ今シーズンミランで出場数が減ることになりそうな本田がどうなるかと思ったがスタメン。

UAE代表のスタメンは、エイサ、サンクール、アハメド、ガリブ、サレム、イスマイル、アメル、ハミス、オマル、ハリル、アリ。 注目のオマルは髪型がアフロで特徴的なのでわかりやすくて助かる。なんと2ヶ月間合宿をして準備してきたらしいので、スカウティングだけでなく、それを基にしたトレーニングも日本とは比較にならないほど積んでいることが予想される。

 2.UAEのファーサイドを狙え

続きを読む

↑このページのトップヘ