【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

タグ:欧州CL

sevilla_juve1

 目次 1.プロローグ:清武のCLデビュー持ち越し、ユーベのCL制覇への序章 2.セビージャのハイプレスがユーベのビルドアップを苦しめる 3.ユベントスもハイプレス。しかしそこには誤算があった 4.ディバラの呪いがセビージャに襲いかかる 5.余談

 1.プロローグ:清武のCLデビュー持ち越し、ユーベのCL制覇への序章
セビージャのスタメンは、リコ、エスクデロ、ラミ、パレハ、メルカド、クラネビッテル、サラビア、イボーラ、エンゾンジ、ビトーロ、バスケス。
先日扱った記事の通り、清武は少し評価を落としてしまったタイミングだっただけにベンチスタートとなってしまった。セビージャはグループ2位でも突破できればいいよねってことで、アウェーだし引き分けでもいいだろうと考えてそうなサンパオリ。なので守備的兼ビルドアップ改善のためのスタメンの意味合いもあり、ベンチスタートは仕方ない面もある。

ユベントスのスタメンは、ブッフォン、キエッリーニ、ボヌッチ、バルザリ、エヴラ、アサモア、レミナ、ケディラ、アウベス、イグアイン、ディバラ。 ポグバが移籍してしまったが、ナポリから強力なストライカーであるイグアインを獲得。さらにバルサからアウベスまで獲得している。メンバーを見ればかなり強力で、今年こそCLを制覇したいだろう。ちなみにピャニッチではなくアサモアがスタメンとなった。

 2.セビージャのハイプレスがユーベのビルドアップを苦しめる

続きを読む

ボルシアMGはブンデスで2シーズン前は3位、昨シーズンは4位となかなか良い位置にいてそこそこ強いチームのはず。しかしペップシティの独壇場となった試合だった。いかにしてシティはボルシアMGを手の平で転がしてしまったのだろうか。

manc_bmg1

 目次 1.プロローグ:絶賛好調中ペップシティのCL挑戦が開始する 2.シティのハイプレスルールと、ボール奪取の仕組み 3.ハイプレスに対抗する、何段階にも準備されたシティのビルドアップ 4.ギュンドアンとアグエロの繰り返し見られたプレーとは 5.余談

 1.プロローグ:絶賛好調中ペップシティのCL挑戦が開始する
シティのスタメンは、ブラボ、コラロフ、ストーンズ、オタメンディ、サパレタ、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、デブライネ、スターリング、アグエロ、ナバス。
先日記事にしたユナイテッド戦にも勝利し、絶賛絶好調中のシティ。ペップ・グアルディオラはリーグ戦に飽き足らず、CL制覇も目論んでいることだろう。CLのグループCにはバルセロナがおり、勝敗が読めないので、残りのボルシアMGとセルティックには絶対勝っておきたいところだろう。

ボルシアMGのスタメンは、ゾマー、トビアス、クリステンセン、ニコ、モハメド、クラマー、オスカル、ジョンソン、ラファエル、アンドレ、ラース。 スイス代表のジャカがアーセナルに移籍してしまい、代わりではないが、ドイツ代表のクラマーを獲得している。 ちなみにCL予選のプレーオフでは、五輪に出れなかった久保がいるヤングボーイズに2戦合計9-2で勝ち、グループリーグに上がってきた。

 2.シティのハイプレスルールと、ボール奪取の仕組み

 続きを読む

↑このページのトップヘ