【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

サッカーの試合を図解でわかりやすく分析していきます。 長いこと試合分析をやってきましたが、オープンに書いていこうかと思います。 一体試合で何が起きているのか、どんな駆け引きが行われているのか、なぜあの選手は活躍できるのか。分析していきましょう。 サッカーがもっと楽しいものに変わります。

タグ:Jリーグ

<前回の記事はこちら

5.フロンターレの高い位置からのプレッシングの舵取りを担う中村憲剛
一方、セレッソのオフェンスに対してのフロンターレの守備を見ていく。
前線からプレッシングをかけるか、センターサークルぐらいの高さまで引いてブロックを作るかをまずは選ぶこととなる。
もちろん相手やボールの位置や味方のポジショニングの状況次第で各自判断するのだが、今回の記事では、前線からプレッシングをかける守備について取り上げる。
flontale_cerezo16
続きを読む

<前回の記事はこちら

4.注目の車屋の動きをひたすら追ってチェックしてみる
さて日本代表に選出された車屋先生。彼の特徴はスピード、大学時代から昨季まで風間さんに薫陶を受けた技術の高さ、大久保にさんざんしごかれたクロスなどなどだ。

まずオフェンス時の車屋の動きを見てみよう。
細かなポジショニングはもちろん状況に応じて臨機応変に変わるが、主にボールがどちらのサイドにあるかである程度決まっていた。
左サイド寄りにボールがあるとき。
まずビルドアップ時にはタッチライン際のセンターサークル前後の高さにまず位置する。そこでボール周辺を中心に状況を観察。
flontale_cerezo10

続きを読む

marinos_albi1

 目次 1.プロローグ:なんとか優勝争いに絡むマリノスと、なんとか降格圏にいない新潟 2.新潟のポゼッションサッカーとチャンスメイク力 〜ちょっと微妙なマリノスの守備〜 3.マリノスの崩し方とちょっと苦しい新潟の守備 4.余談

 1.プロローグ:なんとか優勝争いに絡むマリノスと、なんとか降格圏にいない新潟
横浜Fマリノスのスタメンは、榎本、金井、中澤、栗原、小林祐、パクジョンス、マルティノス、中町、兵藤、前田、伊藤翔。 1stシーズンとうってかわって好調中。2ndシーズン1敗しかしていないのはマリノスだけだったりすることで、何気に優勝を狙える位置にいる。齋藤学はベンチ。また俊輔も怪我からようやく復帰しベンチにいる。

アルビレックス新潟のスタメンは、守田、西村、増田、松原、コルテース、レオシルバ、小林裕、小泉、ラファエル、野津田、成岡。 チャンスは作れるんだけど、どうも決めきれないらしい。成岡がCFで起用されている。違いを見せる外国人組にも注目だ。ちなみに監督は柏で育成をしていた吉田達磨。『アオアシ』の福田監督のモデルだとかいう噂もある。

 2.新潟のポゼッションサッカーとチャンスメイク力 〜ちょっと微妙なマリノスの守備〜

続きを読む

frontale_omiya1

 目次 1.プロローグ:2ndステージこそ優勝したいフロンターレの負けられない戦い 2.川崎のビルドアップの基本ルールと大宮の抵抗、そして悲劇が起きる 3.まさかの逆転劇、まさかの結末 〜サイドを蹂躙される10人の川崎〜 4.余談

 1.プロローグ:2ndステージこそ優勝したいフロンターレの負けられない戦い
川崎フロンターレのスタメンはソンリョン、谷口、エドゥアルド、田坂、車屋、ネット、大島、エウソン、憲剛、小林悠、大久保。 2ndシーズンはレッズと勝ち点を並べてトップに位置しているフロンターレ。1stシーズンでギリギリ優勝を逃してしまっただけに、いい加減優勝したいところだろう。色々怪我人が多く悩ましいフロンターレ。田坂は前節に続き右CBでの起用となった。代表の予備登録メンバーに7人も入っている川崎の面々はさらなるアピールに乗り出す。

大宮アルディージャのスタメンは、塩田、大屋、河本、菊池、奥井、清水、横谷、金澤、江坂、ムルジャ、家長。 対するアルディージャ。1stシーズンより低い順位にいるので、少しでも順位を上げていきたいところだ。フロンターレ相手にポゼッション率を高くすることは難しいと予想されるが、江坂や家長に期待がかかる。ちなみにマテウスはベンチにいるようだ。

 2.川崎のビルドアップの基本ルールと大宮の抵抗、そして悲劇が起きる

続きを読む

J1には5-4-1の守備を採用しているチームが割と多い。浦和、広島、新潟、湘南、甲府、時々川崎などだ。では、そんな5-4-1という撤退した守備を攻略するためには、どのように崩していけばいいのだろうか。

koufu_sendai1

 目次 1.プロローグ:主要選手の欠場が辛い両チームの地力が問われる試合 2.5-4-1の狙い目その1、ボランチを動かせ 3.5-4-1の狙い目その2、CBを動かせ 4.余談

 1.プロローグ:主要選手の欠場が辛い両チームの地力が問われる試合
ベガルタ仙台のスタメンは、関、石川、渡部、平岡、菅井、茂木、富田、キムミンテ、奥埜、西村、ハモンロペス。 ウィルソンも大岩も三田も野沢もいない仙台。ついでに代表の予備登録メンバーGK六反もいない。したがってハモンロペスと奥埜の2人は当然として、若手の茂木くんと西村くんに期待がかかる。降格圏とはかなり差をつけているので、降格の心配は少なそうだ。

ヴァンフォーレ甲府のスタメンは、河田、山本、新里、土屋、マルキーニョスパラナ、田中、橋爪、保坂、盛田、稲垣、ダヴィ。 一時期はかなり降格圏に近いところにいたが、少し浮上した甲府。気持ちに余裕があるうちにもっと差をつけておきたい。しかしこの試合ではチームの柱の一人であるドゥドゥがいなくて残念。ダヴィは果たして輝けているのだろうか。

 2.5-4-1の狙い目その1、ボランチを動かせ

続きを読む

↑このページのトップヘ